★ 備忘録 「熱球通信」 ・ 特定非営利活動法人秋田県野球フォーラム ★

熱球通信は、秋田県野球フォーラム会員有志による備忘録を兼ねた「秋田県野球」にこだわった私的ブログで、記録等については公式なものではありません。リンク等オールフリーですので事前のメール等一切不要です。、更新頻度は原則毎日ですが、秋田県出身で県外に在住の方も念頭に更新していますので、内容等一部については地元情報より遅れる場合があります。練習試合の結果情報は原則掲載しません。また、コメント送信欄と掲示板については諸般の事情により対応していません。中学硬式野球・女子野球の紹介に努めています。

熱通期待選手

日刊スポーツ/増田14年ぶり県出場王手 栗原類.下島下島真之介でノーノー継投。

mas日刊スポーツ <高校野球秋季秋田県大会県南地区予選:増田9-0六郷>◇2日◇1回戦◇秋田グリーンスタジアムよこて。秋田の県南地区では、増田が7回参考の継投ノーヒットノーランで初戦を突破した。先発した右腕・栗原類 (2、稲川) が5回、2番手の左腕・下島真之介(1年)が2回を無安打投球で、六郷に9-0でコールド勝ちした。打線も藤田凜太郎捕手(2年)が初回に3点三塁打を放つなど着実に加点。秋は05年以来14年ぶりの県大会出場に王手をかけた。無の境地での64球だった。最速140キロの栗原が6、7割の力で脱力し、相手打線を完璧に封じた。快投劇は初回の2者連続三振で幕が開けた。その直後に四球を出したが、2回以降は5回まで3者凡退を重ねながら、打者16人で15のアウトを奪った。普段なら四球を5つぐらい出すが、この日は1四球のみと制球が安定。身長180センチの背番号1は 「無安打は意識していない。考えると球がばらつくので、何も考えずにミット目がけて思いっきり投げた。6回以降も投げたかった」 と笑顔だった。スライダーとのコンビネーションでカウントを整え、6奪三振のほとんどは速球で仕留めた。「伸びのある直球で高めを振らせるのが投球スタイル」。女房役の藤田捕手は 「初回から (栗原の) 調子がいいのが分かった。全力で投げると球が浮くので、抑えて投げさせることを意識した」 と振り返った。栗原は小3から野球を始め、主に内野を守っていたが中1で捕手に転向。さらに、どのポジションも手堅くこなせることを評価され、監督の勧めで中2時に投手へ転身した。高校入学時は最速128キロだったが昨冬、金足農・吉田輝星投手 (現日本ハム) を参考にダンベルを持ちながら片足を前に出してしゃがむトレーニングに着手。下半身を徹底的に鍛えると球速12キロアップに成功した。モデルの栗原類と同姓同名で、病院に行くと名前を書くときに 「タレントさんと同じですね」 と受付で声をかけられる。また診察の際に名前を呼ばれると周りの視線を感じることもしばしばだ。増田は今夏も1回戦で敗退するなど公式戦4連敗中だったが、栗原の力投と打線がかみ合い、1年ぶりの勝利をつかんだ。3日は大曲農と県切符を懸けて対戦する。県大会は17年春に出場したが、秋は05年が最後。新星右腕がチームを久しぶりのステージへと導く。【山田愛斗】

熱球通信期待選手 / 第83回秋田県大会優勝 山王 高橋真央 投手(3、保戸野)。

貴重な左腕投手  ロッテ左腕成田翔投手も保戸野小学校
saw

2019(令和元年)第29回WBSC U-18W杯高校日本代表選手(8/30~、韓国)。

初戦スペイン戦 8回裏 遠藤成選手 逆転左中間二塁打
joh

秋田県外で頑張る熱球期待選手/ 東北高校 小野寺唯人投手 (2、合川-合川東)。

 ささきゆきえ⚾ さん https://twitter.com/sasayuki07281?lang=ja
der

秋田県外で頑張る熱球期待選手 / 東北 小野寺唯人投手 仙台育英 伊藤樹投手。

平成30年1月NHK番組紹介/北秋田市立合川中学校 小野寺唯人投手(合川東)。

秋季宮城県中部地区予選 東北2年小野寺唯人投手対東北学院戦先発
第83回秋田県少年野球大会出場、全国中学校スキー大会クロカン入賞
右画像/秋田北鹿クラブ <チョコパン>さん https://twitter.com/smalto19
ono

仙台六大学 仙台大 松本春輝投手(1、右、188/100、平成-横手南-横手南)。

県外で頑張る期待選手/ 花咲徳栄 高森陽生選手(2、象潟中、にかほドリームス)。

UQPb_zuu_400x400花咲徳栄 高森陽生(投、左/左、174/73)2019夏選手権大会#18選手登録で甲子園出場に貢献。【2019.5.03】高校野球春季埼玉県大会2回戦 花咲徳栄-春日部東、花咲徳栄 高森陽生投手(左、2年、にかほ市立象潟中学校、にかほドリームス)6回から登板して2回無失点。【2016.8.10】2016(平成28年度) 第82回秋田県少年野球大会地区予選 (本荘由利1区)象潟中学校。主戦の須藤健は120キロ台後半の球威ある直球を武器に、地区予選2試合を一人で投げ抜いた。カーブとスライダーで緩急をつけながら失点を抑える。攻撃では選球眼に優れた1番竹内、打力もある2番高森陽がどれだけ出塁できるかが鍵。ためたランナーを勝負強い打撃が光る3番齋藤来、長打力のある4番佐々木塁主将がかえす理想の形に持ち込みたい。18年ぶりの県大会出場に地域が盛り上がっている。部員が声を掛けられることが多く、励みになっている。基本練習を重ね、プレーの精度が上昇。佐々木塁主将は「一球一球に集中し戦い抜く」と力を込める。[投]須藤健太(3)、[捕]竹内潤哉 (3) 、[一]高森陽生 (2) 、[二]佐々木幹太 (2)、[三]中道輝 (3)、 [遊]齋藤来輝 (3)、[左]高森準太 (3)、[中]◎ 佐々木塁 (3)、 [右]須藤龍馬 (3) 、熊谷海斗 (3) 、齋藤優成 (3)、 佐藤奏海 (3)、佐々木洸凜 (2)、  吉川慶 (2) 藤谷明博 (2)、須田新太 (2)、多田昌矢 (2)、佐々木大瑚 (2)、 齋藤優大 (2)、須藤大樹 (2)、[部長]佐貫要、[監督]石垣和寿、[記録]新田岳登 (2) 。象潟2-0北陽、象潟3-2稲川、象潟1-4平和。

熱球通信期待/ オールフロンティア 高橋京介投手(青山学院大) 都市対抗で先発。

all毎日新聞 / 補強ながら先発のマウンドを任された。埼玉県春日部市に拠点を置く創部4年目、オールフロンティアの選手としては本大会初出場を果たした。「いつも通り持ち味を出そう」と丁寧に低めを突いた。バックにも助けられて四回までゼロを並べた。秋田・本荘高で甲子園の出場経験はなし。青学大では左肘手術の影響もあり、東都大学リーグ1部ではわずか1勝にとどまった。野球を続けようと、創部されたばかりのオールフロンティアの門をたたいた。自動車関連や建築資材などの事業を手がける同社では建築足場の管理を担当する。普段は午前に練習、午後は仕事に励む。自チームは2017年の南関東代表決定戦で連敗し、あと一歩のところで東京ドームを逃した。この日のダッグアウトでは、リードを許しても声を出し続けてサヨナラ勝ち。「今の目標は日本一を目指すこと。何か持ち帰りたい」。常勝チームの姿勢も学んでいる<鈴木英世>。【2019.6.14】千葉市JFE東日本の補強選手として都市対抗出場。【2016.4.01】平林拓郎氏 (捕、昭和63年秋田経法大付卒、甲子園出場、越谷南) が代表取締役を務める株式会社オールフロンティア (田中亮監督、埼玉県野球連盟) へ。秋田県関係選手、伊藤広大(東北福祉大-秋田南)、高橋京介(青山学院大-本荘)、須田佑太朗(東北福祉大-明桜)、佐藤雄馬選手(明桜)。【2013.4.08】2013 (平成25年) 4月8日東都大学リーグ対亜細亜大1回戦、3番手登板で大学野球初勝利、内訳は投球回数3と1/3イニング、打者10人、被安打0、自責点0、投球数37。○平成23年夏 本荘高校登録選手、[投]高橋京(3、左/左、本荘東)、[捕]矢野翔太(3、岩城)、[一]佐藤未知洋(3、矢島)、[二]三船裕喜(2、鳥海)、[三]○加藤剛矢(3、本荘東)、[遊岡本大3、本荘東)、[左]佐藤伸哉(3、本荘南)、[中]小松匡(3、仁賀保)、[右]佐藤将斗(3、矢島)、今野和樹(3、矢島)、三浦大貴(2、大内)、相田健汰(3、本荘北)、猪股彰悟(3、本荘東)、東海林優士(3、本荘東)、高橋勲(3、鳥海)、金野真澄(2、秋田南)、佐藤良輝(2、城東)、小林大起(3、本荘南)、菊地智宏(3、大内)、須藤寛斗(本荘南)、[部]安保天志、[監]尾留川徹、[記]木村圭太(合川)。

熱球通信期待/高校通算38本塁打 石塚綜一郎選手(内、3、黒沢尻工-岩見三内)。

<スポーツ報知>6d89f7d9ノーシードから36年ぶり4度目の出場を狙う黒沢尻工のプロ注目打者・石塚綜一郎捕手 (3年) が、シード校撃破に気合十分だ。岩手は私立勢が24年連続で夏の甲子園に出場。高校通算38本塁打の強打を持ち、投手も務める投打の中心的存在として、まずは第4シード専大北上との初戦に勝って頂点へとかけあがる。最後の夏、強豪私立を倒して聖地へ弾みをつける。初戦となる2回戦の相手は同じ北奥地区の第4シード専大北上。「初戦は大事だし、強い相手。打ち勝てたらチームの調子も良くなる」と黒沢尻工・石塚は “下克上” に意欲をみせた。昨秋、今春と地区予選で負けているが「打たれたコースを打たせて取るコースにしたり、(相手の) 捕手は変わらないので配球を読んだりと、いろいろ考えていく」。3度目の正直で勝利をつかみ、勝ち上がっていくつもりだ。パンチ力ある打撃を武器に、1年春から三塁手のレギュラーで公式戦に出場。昨秋からは捕手兼投手としてチームを引っ張ってきた。その打撃は他校からも注目されており、石塚は「練習試合でも外野手がフェンスぎりぎりに守っていることが増えた」とこぼす。だがその状況を逆手に取り、強く低い打球を徹底。実戦形式の練習でもライナー性の当たりを広角に打ち分けるよう意識している。勝利のために、本塁打にこだわらず出塁率を高め、打線を活性化させていく。「攻守、投打と大車輪の活躍をしてほしい」と石橋智監督 (58) も期待を寄せる。守備でも2秒以内で強肩といわれる二塁送球で、1秒8台を計測。試合だけでなく、学校のグラウンドにまで足を運ぶスカウト陣もいる。この夏に活躍すれば、さらに注目度が上がるのは間違いない。「1本(安打が)出るとチームの雰囲気も上がっていく。その1本を打てればいい」 と力強く語った石塚。監督室にはかつて甲子園に出場した時の入場行進の写真が飾られているが、白黒写真で少し年季も入ってきた。私立勢が24年連続で出場している岩手でノーシードから甲子園に出場し、新たな歴史を作る。(有吉広紀)◆ 石塚綜一郎 (いしづか・そういちろう) 2001年6月7日、秋田市生まれ。18歳。岩見三内小3年時にスポーツ少年団で野球を始める。岩見三内中では秋田南シニアに所属。黒沢尻工では1年春から三塁手のレギュラー、昨秋から捕手。181センチ、83キロ。右投右打。血液型B。家族は母と祖父。

熱球通信期待/中央地区大会準々決勝対秋田高戦完封勝利 本荘 阿部将大投手。

honabe

県外で頑張る期待選手 / 東海大相模 遠藤 成選手(仁賀保中、本荘由利シニア)。

end

熱球通信期待/佐々木弥氏(TDK-本荘)注目 湯沢翔北 佐野雷流投手 (3、平鹿)。

DR.O 観戦試合寸評より
hozom

2019(令和元年)第43回日米大学野球選手権大会日本代表選考合宿参加選手。

6/21~23 バッティングパレス相石ひらつか 代表24人選出
hs

平成28年度 熱球通信期待選手 / 秋田高校 金沢龍介主将 (3、遊・投、秋大付)。

東都大学野球 専修大学進学
ka

2017熱球通信期待選手/8年ぶり夏甲子園狙う 明桜 佐藤光一投手(3、男鹿南)。

明桜・佐藤web

熱球通信期待選手 / ヤマハ 近藤卓也投手(青山学院大-秋田商-琴丘-鯉川)。

kon2019第90回都市対抗野球東海地区 第1代表決定に貢献。【2019.5.07】2019JABAベーブルース杯争奪大会敢闘賞受賞。【2018.】2018伊勢神宮奉納社会人野球第66回JABA伊勢・松阪大会対パナソニック戦 (三重県営松阪野球場) で完封勝利。【2017.4.04】 全国社会人野球静岡大会第2日リーグ戦、パナソニック5-3ヤマハ(4月4日、浜松球場)。昨秋の日本選手権を制したヤマハは新人近藤卓也(22、青山学院大-秋田商)がチームの地元浜松での今季初公式戦で先発。5回1/3を投げて6三振を奪いながらも、5安打3四死球で5点を失い、敗戦投手となった。立ち上がりこそ3人で抑えたが、2回に2四球などで2失点。6回に連打と死球で満塁と攻められてマウンドを下りると、2番手投手が連続押し出し四球でダメ押し点を与えてしまった。3月のオープン戦などで先発を経験して 「ゲームを作れる」と美甘将弘監督が期待を込めて送り出し、近藤も 「緊張もプレッシャーもなかった」 と言う。しかし、チームの初公式戦となった東海地区春季大会と同様に6回につかまり、「まだまだ実力が足りていない。もっと体力をつけないと」 と身長187センチの大型ルーキーは反省していた。

熱球通信期待/高校通算36本塁打 石塚綜一郎選手(内、3、黒沢尻工-岩見三内)。

fe049492日刊スポーツ / 春季高校野球岩手県大会の組み合わせ抽選会が盛岡市内で行われ、高校通算36本塁打の主砲・石塚綜一郎捕手 (3年) が、大船渡の最速153キロ右腕・佐々木朗希 (3年) との初対戦を待ち望んだ。今冬は逆方向にも長打を打てる技術を習得。1回戦では黒沢尻北との近隣校対決が決まった。夏に83年以来の甲子園切符をつかむためにも、春から強豪を連続撃破して勢いをつけるつもりだ。石塚が佐々木朗希攻略に自信の表情を浮かべた。大船渡とは逆ブロックになったため、対戦は決勝か3位決定戦。「県内の同じ選手として投手としても打者としても憧れる存在。夏に向けて、春に対戦したい。変化球も素晴らしいですが、絶対的な武器の真っすぐを狙っていきたい」。最速163キロの速球を動画でイメージ。「自分なら打てるだろうなという気持ちもあります」と力を込めた。1年秋には東北大会で8強入りしたが、2年時には昨秋の県大会2回戦敗退など、悔しさも味わった。内角打ちの弱点克服へ、関東の強豪社会人チームに武者修行も行ってきた。「インコースの球も逆方向に打つイメージが出来てきた。春になってどの方向にも強い打球が飛ぶようになってきた」。引っ張り専門を払拭。内角打ちや、広角長打の手本にもしている巨人坂本勇人内野手を動画でも研究を続けながら、プロ入りへの夢も追う。北奥地区予選でも本塁打を放ち、手応えを得た。投手との二刀流で捕手からマウンドに上がる場面もありそうだ。「自分としては投手として三振を奪ったり、ピンチを抑えたりすることも楽しい」。投打に優れた佐々木にもライバル心を燃やしている。同校は83年夏以降、甲子園出場から遠ざかっており、古豪復活が期待されている。県大会では右手甲負傷で離脱していたエース右腕・田沢潤 (3年) も復帰予定。86年夏に秋田工を率いて甲子園出場を果たし、青森大も全国に導いた石橋智監督 (58) と二人三脚で打力を培ってきたラストイヤー。石塚は 「成果を試しながら、勝っていきたい。1点欲しいところで打ちます」。勝負強さでチームを引っ張る。【鎌田直秀】 ・石塚綜一郎 2001年(平13)6月7日、秋田市生まれ。岩見三内小3年に岩見三内スポーツ少年団で野球を始め、岩見三内中では秋田南シニアでプレー。黒沢尻工では1年春からベンチ入り。右投げ右打ち。181センチ、83キロ。握力は右68、左69の怪力。家族は母と祖父。血液型B。

熱球通信期待/中央地区大会準々決勝対秋田高戦完封勝利 本荘 阿部将大投手。

中央地区大会準々決勝対秋田戦 3安打無四球完封10奪三振最速144㌔
<チョコパン>さん 
https://twitter.com/smalto19?lang=ja
ab

2018.4.21 / 春季神奈川県大会準々決勝 東海大相模 遠藤成選手 満塁本塁打。

2019.4.27春季 神奈川県大会準決勝で場外スリーラン
 

2016(平成28年) 第69回秋季高校野球東北大会 横手 伊藤蓮主将 (2、平鹿)。

itoren-3

高校同級生/ 小木田敦也 (TDK) 赤上優人 (東北公益文科大) 投手 150km超え。

としけん@北日本の脊梁 >さん https://twitter.com/toshiken5589
tosik

青森・秋田 スポーツマガジン 「Standard」 注目選手 / 松平涼平、西岡海斗投手。

「Standard」VOL.15 2018 11・12月号 136ページ掲載
ryouka
左/秋田中央 松平涼平投手(桜)、右/秋田修英 西岡海斗投手(城南)

平成30年全県少年野球大会で完全試合達成 山形琉唯投手 (中仙) 金足農進学。

<チョコパン>さん https://twitter.com/smalto19
rui

チョコパンさんプッシュ/秋田県立西目高校野球部 東海林大樹投手 (2、左、大内)。

<チョコパン>さん https://twitter.com/smalto19
sho
大内中1年先輩に佐藤亜蓮投手(仙台大-由利工)

元ヤクルトスカウト片岡宏雄氏 2018センバツ大会で気になったドラフト候補選手。

IaKmE1rq<サンスポコム野球速報> 昨春センバツに21世紀枠で出場した由利工のエース、佐藤亜蓮投手 (3年) が、今春から仙台大 (仙台六大学) へ進学しプレーを続ける。昨夏には日本ハムにドラフト1位で入団した吉田輝星投手 (金足農 )らと、県内同学年の好投手 “四天王” とも呼ばれた右腕。「4年間頑張って、必ず追いつき追い越したい」 と4年後のプロ入りを誓った。今も日本を沸かせるライバルに “宣戦布告” だ。仙台大進学を決めた佐藤亜が、来たる4年間へ意気込んだ。「自分もいずれはプロへ行き、(吉田) 輝星と同じ、それ以上の投手になって対戦したい。4年間、仙台大でしっかり頑張りたい。『待ってろ、輝星!』 です」最速143キロの直球とスライダーやカットボールが武器。吉田、ロッテドラフト4位の山口航輝 (明桜)、社会人野球へ進む予定の佐藤開陸( 能代松陽) とともに秋田の好投手 “四天王” と呼ばれた好右腕だ。2季連続甲子園出場を狙った昨夏は秋田大会初戦 (2回戦) で敗退した。金足農、そして吉田の甲子園での雄姿に「 4人の中でスターになった。『やっぱり悔しい』 と開陸とも話した」 と佐藤亜。自分自身を見つめ直し、プロ志望届を提出せず進学を決意。「山口もプロに行ったし、彼らと渡り合ったことを自信、誇り、励みにして4年後を目指す。いずれはプロで4人がやれれば」 と大きな目標を立てたhttps://twitter.com/sanspo_baseball

元ヤクルトスカウト片岡宏雄氏 2018センバツ大会で気になったドラフト候補選手。

佐藤亜蓮投手 (3、右右、由利工-大内)
are

「熱球通信」期待選手/ 千葉ロッテ ドラフト4位 山口航輝選手 (明桜-大阪加美)。

チームメートの寄せ書き持参で入寮、期待に応えられるように頑張ります
poch

熱球通信期待選手 / 能代松陽高校 佐藤開陸 投手(3、左左、165/65、鷹巣南)。

社会人野球 TDK入社予定
IMG_20180622_135031

熱球通信期待選手/ 能代松陽高校 佐藤開陸 投手(3、左左、165/65、鷹巣南)。

熱球通信期待/日刊スポーツ新聞紹介 東北高校 杉澤龍内野手 東北福祉大進学。

b9fd2d7e東北 (宮城) の杉沢龍内野手 (3年) が東北福祉大 (仙台六大学) に合格していたことが9月14日、分かった。左打ちの遊撃手で通算本塁打は40本を超える。今春の東北大会では4本塁打をマーク。準決勝の八戸学院光星 (青森) 戦では3発のアーチをかけて、度肝を抜いた。2年ぶりの甲子園出場をかけた今夏の宮城大会は準優勝した古川工に0-2で敗れ、4回戦敗退。「永遠のライバル」 仙台育英と対戦する前に姿を消していた。秋田・小坂町出身で、東北に野球留学。1年春からシュアな打撃でベンチ入り。1年夏に出場した16年の甲子園では横浜・藤平尚真投手 (現楽天) と対戦。5打数無安打2三振に終わり、初戦敗退した。以後、4度の甲子園出場のチャンスは生かせなかったが、パンチ力ある打撃は確実に成長。プロ志望届提出も視野に入れていたが、東北福祉大進学に一本化した。東北の恩師・我妻敏監督 (36) の母校で、今年6月の全日本大学選手権に優勝した名門だ。4年間鍛え上げて、その先のプロ入りを狙う。

2016 熱球通信期待選手 / 大館鳳鳴 佐藤宏樹投手 (3、左、179/73、大館一)。

大館鳳鳴41期的 「ほうめい41」   http://blog.canpan.info/homei41/
satouhiroki
homei

熱球通信期待選手/ ヤクルト 石山泰稚投手(ヤマハ-東北福祉大-金足農-山王)。

migisiyama12月12日、5200万円増となる年俸1億円でサイン。【2017.10.22】ヤクルトは10月21日、神宮外苑で秋季練習を行い、練習を見守った石井弘寿投手コーチ (40) はリリーフ陣の整備、「勝利の方程式」 確立に向け、秋吉亮 (28) と石山泰稚 (29) 両投手にリーダー役になることを “厳命” 2014.12.11】ヤクルト2年目石山泰稚投手が2014(平成26年)12月10日、300万円増の3800万円で更改。今季はセットアッパーの他に先発でも14試合に登板(3勝8敗)。昨オフに結婚した絵里夫人と今月6日に東京都内で挙式、来年4月上旬第1子誕生予定。【2013.12.31】ルーキーながら60試合に登板し3勝3敗10セーブ、防御率2・78の成績、5年間の交際を経て仙台市内で保育士として働く絵里さんと結婚。東北福祉大時代に知り合い、静岡浜松市ヤマハ入社後は遠距離恋愛を続けていた。挙式・披露宴は来オフの予定。【2013.12.04】2013(平成25年)12月3日ヤクルトドラフト1位ルーキー石山泰稚投手、2000万円増の年俸3500万円(推定)で契約更改。救援で60試合に登板して3勝3敗10セーブ。「オールスターにも出させていただき、充実した1年だった。今後も行けと言われたところで結果を出せるよう精いっぱい頑張る」 。【2013.7.02】プロ野球マツダオールスターゲーム2013に監督推薦で出場。【2013.5.06】平成25年5月5日対阪神9回戦3番手登板、投球回数1回被安打3四死球1自責点2プロ初勝利。【2012.12.06】ヤクルト元エースでヤマハ先輩西村投手の29が候補も、最終的に本人の意向で背番号は12。【2012.11.30】ヤクルトは2012(平成24年)11月29日、ドラフトで1位指名したヤマハ石山泰稚投手(24)と浜松市のヤマハ本社で入団交渉、契約金1億円プラス出来高払い3000万円、年俸1500万円で仮契約。【2012.10.25】ヤクルト、ヤマハ石山泰稚投手指名。金足農関係選手の指名は平成2年足利豊投手以来。【2010.10.13】 東北福祉大 石山泰稚投手プロ志望届提出も ドラフト指名なし。【2009.11.15】第40回明治神宮野球大会大学の部1回戦で昨年準優勝の東北福祉大 (東北3連盟) が函館大 (北海道2連盟) に5-4で競り勝ち、2回戦に進出。先発石山泰稚投手 (金足農-山王) 勝利投手、来年最上級生で期待大。

2017県外で頑張る期待選手 / 東北 古川原将真投手(2、秋田シニア→盛岡北)。

北東北大学野球1部 富士大へ進学
hur

<熱球通信期待選手> 神奈川大 夏井脩吉 内野手(東北-男鹿東、秋田シニア)。

熱球通信期待/筑波大硬式野球部 野中大輝(1、秋田南)、伊藤蓮(1、横手) 選手。

2018大学野球オータムフレッシュリーグ in 静岡 出場
noren

2017熱球通信期待選手 / 父同様左の強打者 秋田南 野中大輝選手 (3、右左)。

筑波大野中選手2018大学野球オータムフレッシュリーグin静岡先発出場
秋田南・野中web

平成28年熱球通信期待選手/ 投打主軸 角館 小木田敦也投手(172/69、角館)。

-小木田敦也投手 (TDK) 2019ドラフト候補-
413bbf8f

2016(平成28年度) 甲子園秋田大会 対横手戦好投 金足農1年 吉田輝星投手。

-平成28年7月 秋田大会-
636d7274

2018(平成30年)日刊スポーツ選出全国ピカイチ 金足農 吉田輝星投手(天王)。

金足農 吉田輝星投手 対秋田北鷹戦 毎回16奪三振 球速150キロ
6tou

熱球通信期待選手/日刊スポーツ紙紹介 大館鳳鳴高校 杉原嵐投手(2、十和田)。

<日刊スポーツ新聞社東北取材班 >https://twitter.com/nikkan_tohoku
県北地区大会準決勝対能代工戦 87球5安打完封勝利
DmZmEuAVsAAvG_Q

第12回BFA U18アジア野球選手権(9/3~、宮崎) 侍ジャパンU-18代表選手。

監督 / 永田裕治報徳学園前監督、ヘッドコーチ / 仲井宗基八学光星監督
コーチ / 平川敦北海監督、小針崇宏作新学院監督
u18

熱球通信期待/筑波大硬式野球部 野中大輝(1、秋田南)、伊藤蓮(1、横手) 選手。

non

2018(平成30年度) 秋季秋田県内高等学校野球リーグ戦 (9、秋田市、8/4~)。

mei

大仙市立中仙中学校 山形琉唯投手(3、中仙) 対羽後中学校戦で完全試合達成。

-中仙中 山形琉唯投手 大会前の評判に違わない投球-
<チョコパン>さん https://twitter.com/smalto19
DjBGBIBU0AAW7ux
yama

都市対抗野球出場 / 小木田敦也投手 (19、173/79) 七十七銀行補強選手に。

nuk7/17 14:00~ 七十七銀行-三菱重工・高砂。【2018.7.11】2年目右腕の最大の武器は最速153キロの速球だ。173センチ、79キロと特に恵まれた体格ではない。なぜ速い球が投げられるのか、自分でもうまく説明できないが、性格は 「負けず嫌い」。気持ちで相手を上回る投球が球速を上げさせるのか。 秋田・角館高からTDK入り。東北2次予選でも速球を軸に力を発揮した。圧巻だったのは、きらやか銀行との敗者復活2回戦だ。 一回から3者連続三振に仕留めると、七回まで失策と四球による2走者のみ。無安打無得点試合まであと6人となった八回、先頭打者に初安打を許したが、被安打2で完封した。きらやか銀行の本大会連続出場を 「2」 で止めた。これが社会人初完投。153キロをマークしたのもこの試合だ。仙台市・七十七銀行の小河義英監督は 「東北ではあそこまでのスピードボールを投げられる投手は少ない」 と期待を示す。高校1年の2014年夏に甲子園を三塁手として経験した。東京ドームで登板すれば、初めて投手として大舞台に立つことになる。昨年の都市対抗で初めてドームを訪れ、観戦した。独特の雰囲気にも 「特に何も」 と平然。今年、心に決めているのは 「ゼロに抑える」 ことだけだ。【村田隆和】

熱球通信期待 / 秋田高校 菊池信平(1、二ツ井)、柴田和希(1、大館シニア)選手。

kikusu

熱球通信過去期待選手近況/高田高校 伊藤貴樹監督人事異動で西和賀高校へ。

itoutakakiitoutakaki西和賀高校、ボート部からの助っ人メンバー2人をあわせ11人の少数チームながら大会有力視されていた大船渡高校に逆転勝利。【2018.3.21】岩手県立高田高校の伊藤貴樹監督 (秋田~早稲田大) が西和賀高校へ異動。【2015.」9.06】岩手県立高田高校の夏初戦は7月12日の盛岡中央に決定。2年前と同カードとなるが、伊藤貴樹監督(秋田-飯島)は「2年前とは別のチーム。相手が決まってモチベーションを上げていきたい」と決意を新たに 。【2013.7.12】2013(平成25年)7月10日、全国高校野球岩手大会1回戦で対盛岡中央に11-7の逆転勝利し指揮官として初白星。【2012.4.09】平成24年4月1日付で岩手県立高田高校に赴任。大学卒業後、カリフォルニア州立大ドミンゲスヒルズ校に1年間コーチ留学。【2011.2.14】現在岩手県立盛岡第一高校硬式野球部部長。早稲田大卒業後、海外コーチ留学 → 秋田県内での高校野球指導(秋田経法大付、大曲)を経て岩手県の教員採用 「特別選考枠(スポーツ)」 で採用(担当教科公民)。秋田県高校野球強化プロジェクト委員会委員の伊藤護朗秋田県大学野球連盟・秋田県アマチュア野球連盟会長との親子鷹。高校入学時からセンスある打撃(右/左)は際立っていたが甲子園出場は果たせなかった(入学年春センバツと卒業翌年夏甲子園出場)。

熱球通信期待/東日本放送紹介 東北 杉澤龍内野手(3、小坂、大館リトルシニア)。

sug

2018(平成30年度)日刊スポーツ選出全国ピカイチ 明桜 山口航輝選手(加美)。

東北高校 1試合3本塁打 杉澤龍 選手 甲子園でU-18代表入りの活躍を
yam
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
月別アーカイブ