★ 備忘録 「熱球通信」 ・ 特定非営利活動法人秋田県野球フォーラム ★

熱球通信は、秋田県野球フォーラム会員有志による備忘録を兼ねた「秋田県野球」にこだわった私的ブログで、記録等については公式なものではありません。リンク等オールフリーですので事前のメール等一切不要です。、更新頻度は原則毎日ですが、秋田県出身で県外に在住の方も念頭に更新していますので、内容等一部については地元情報より遅れる場合があります。練習試合の結果情報は原則掲載しません。また、コメント送信欄と掲示板については諸般の事情により対応していません。中学硬式野球・女子野球の紹介に努めています。

記録

2019(令和元年度) 秋季秋田県中学新人軟式野球大会 各地区大会 成績上位校。

21

2018~2019(平成30年~令和元年)秋田県内高等学校野球 各季大会上位校。

597

戦後 / 全国高等学校野球大会 (春センバツ・夏選手権) 秋田県代表校対戦成績。

秋田中央甲子園出場 昭和43・46・47・49年(秋田市立時代)
uzi

昭和40年代 / 昭和40年~49年 夏甲子園大会出場 秋田県勢ベンチ登録選手。

NPOロ40ゴメールouyou・昭和49年、秋田市立、[責]野中和郎、[監]塚田丈也  0-4郡山、[投]石崎透、[捕]渡辺功、[一]野口準一郎、[二]塚田博、[三]田鎖勝紀、[遊]宮本肇、[左]大高勝也、[中]佐々木康夫、[右]鎌田護、大島猛、鷲谷亘、鈴木和広、菅野敏、宮崎長悦。<昭和48年、秋田、[責]成田朝春、[監]赤沼新二> 0-1北陽、[投]高原宏、[捕]高木昇、[一]小野巧、[二]兼田光生、[三]鎌田勝、[遊]永井暁、[左]加藤俊、[中]山谷勝志、[右]佐々木覚、佐藤直人、及位彰、渡辺真、村上永展、大淵宏見。昭和47年秋田市立、[責]野中和郎、[監]塚田丈也3-0米子工3-5東海大工、[投]船木千代美、[捕]戸部良一、[一]畠山和彦、[二]塚田高、[三]石垣勇幸、[遊]佐藤真紀男、[左]佐藤広、[中]佐藤晴彦、[右]高橋範慶石崎透石川公久佐藤康明佐藤悠良佐藤公通。・昭和46年秋田市立、[責]鎌田与志美、[監]塚田丈也、 0-7報徳学園、[投]船木千代美、[捕]斉藤昭利、[一]畠山和彦、[二]塚田高、[三]加藤金己、[遊]金釜清、[左]高橋正範、[中]佐藤隆、[右]青山浩二、高橋範慶戸部良一佐藤真紀男佐藤晴彦加藤昇。<昭和45年、秋田商[責]佐藤正吾、[監]今川敬三> 4-7広島商、[投]石塚嗣巳、[捕]加藤肇、[一]舟木勇二、[二]田中秀樹、[三]沢木秋吉、[遊]加賀谷貴男、[左]船木正博、[中]三浦重行、[右]加賀美直臣、北嶋広信、三浦均、佐藤正樹、長谷部光栄、井上登。<昭和44年、横手[責]阿部洋一、[監]畑卓二> 1-3平安、[投]大石正行、[捕]山中寛、[一]高橋邦恭、[二]飯塚透、[三]伊藤仁、[遊]松淵慎二、[左]木村庄二、[中]高橋保二、[右]大石一弥、佐々木芳治、水谷徳男、菓子八十志、伊井則雄、伊藤智章。・昭和43年、秋田市立[責]虻川庄治郎、[監]長谷川光佑 7-2市神港7-2智弁学園1-5静岡商、[投]鎌田忠和、[捕]竹谷正作、[一]吹田清、[二]保坂正美、[三]笠原良一、[遊]佐藤道世、[左]中島義博、[中]浅野光博、[右]松橋博則小松茂美高橋千秋三浦正行五十嵐洋一船木隆悦。<昭和42年、本荘、[責]大平清、[監]吉田久男> 0-4倉敷工、[投]遠藤恒男、[捕]縄野邦夫、[一]小石隆、[二]佐々木敬一、[三]小園和夫、[遊]斎藤浄、[左]大関堅一、[中]小松一男、[右]作佐部出、小野実、畠山義次、児玉徹、斎藤勇二、荒川勝雄。<昭和41年、秋田、[責]橋本長康、[監伊藤俊成> 0-2中京商、[投]大久保正樹、[捕]斎藤正人、[一]加藤秀盈、[二]成田剛史、[三]工藤真悟、[遊]角崎敏雄、[左]菅原広悦、[中]工藤茂丸、[右]渡辺健一、一関房雄、大門健一、加藤秀樹、松尾正、渡辺雄悦。<昭和40年、秋田、[責]橋本長康、[監]渡辺博太郎> 4-3大鉄、5-3日大二、13-1津久見、3-4三池工、[投]鐙文行、[捕]藤原稔、[一]岡本隆、[二]飯塚明、[三]渡辺和美、[遊]佐藤茂範、[左]広瀬光男、[中]藤原清己、[右]成田憲明、堀内一志、高橋修平、今井敦雄、斎藤正人、大久保正樹。

懐かしの秋田県内中学校 (分校含む) 廃校一覧 (昭和22年~、名称等廃校当時)。

haikoou秋田県中学校廃校一覧 7月24日付秋田さきがけ紙に 「畑屋」 「鮎川」「富津内西」の活字。秋田市> 秋田市立高陽中(1953)、秋田市立成和中(1953)、秋田市立久保田中(1953)、秋田市立泰平中(1953)、秋田市立手形中(1953)、秋田市立飯島中学校(旧)(1962)秋田市立下新城中学校(1962)、秋田市立金足中(1962)、秋田市立日新中(1964)、秋田市立浜田中(1964)、秋田市立上北手中(1966)、秋田市立仁井田中学校(1966)、秋田市立四ツ小屋中(1966)、秋田市立藤倉中(1975)、秋田市立高清水中(1981)、秋田市立大正寺中(2005)、秋田市立上新城中(2011)、河辺町立和田中(1959)、河辺町立戸島中(1959)、雄和村立川添中(1967)、雄和村立種平中学校(1967)、雄和村立戸米川中学校(1967)、<能代市>能代市立葉中(2019)、能代市立東雲中竹生分校(1950)、能代市立東雲中朴瀬分校(1950)、<横手市> 横手市立第二中(1958)、横手市立第三中(1958)、横手市立第一中(1971)、横手市立旭中(1971)、横手市立栄中(1971)、横手市立十文字西中(2010)、横手市立雄物川中(2012)、横手市立大森中(2012)、横手市立大雄中(2012)、横手市立鳳中(2013)、横手市立横手西中(2013)、横手市立金沢中(2013)、山内村立山内中松川分校(1948)、山内村立山内中黒沢分校(1966)、山内村立山内中南郷分校(1968)、山内村立山内中三又分校(1968)、大森町立八沢木中(1968)、大森町立川西中(1968)、大森町立坂部中(1968)、田根森村立田根森中(1951)、阿気村立阿気中(1951)、平鹿町立吉田中(1997)。<大館市> 大館市立上川沿中(1980)、大館市立岩野目中(1968)、<男鹿市> 男鹿市立脇本中(1974)、男鹿市立船越中(1974)、男鹿市立北浦中(1990)、男鹿市立北磯中(1990)、男鹿市立船川中(1992)、男鹿市立椿中(1992)、男鹿市立男鹿中中(2001)、男鹿市立五里合中(2008)、男鹿市立払戸中(2008)、<湯沢市> 湯沢市立湯沢中(1968)、湯沢市立三関中学校(1968)、<鹿角市> 十和田町立毛馬内中学校(1970)、十和田町立大湯中(1970)、十和田町立錦木中(1970)、十和田町立十和田中田代分校(1973)、十和田町立十和田中大清水分校(1973)、八幡平村立熊沢中(1958)、<由利本荘市> 本荘市立石沢中(2005)、東由利村立下郷中(1969)、東由利村立玉米中(1969)、鳥海町立直根中袖川冬季分校(1968)、由利町立鮎川中学校(1970)。<潟上市> 昭和町立大久保中(1950)、昭和町立飯田川中(1950)、昭和町立豊川中学校(1950)、<大仙市> 大仙市立西仙北東中(2012)、大仙市立西仙北西中(2012)、大曲市立内小友中(1958)、大曲市立大川西根中(1958)、大曲市立花館中(1963)、大曲市立四ッ屋中(1964)、大曲市立藤木中(1970)、大曲市立角間川中(1970)、協和町立淀川中(1975)、協和町立峰吉川中学校(1975)、協和町立船岡中(1975)、協和村立朝日中、西仙北町立大沢郷中(1984)、西仙北町立強首中(1984)、西仙北町立刈和野中(1994)、西仙北町立土川中(1994)、南外村立南楢岡中(1976)、南外村立外小友中(1976)、中仙町立長野中(1963)、中仙町立清水中(1963)、仙北村立高梨中(1958)、仙北村立横堀中(1958)、内小友村立内小友中中山分校(1954)、太田村立長信田中(1962)、太田村立横澤中(1962)、<北秋田市> 北秋田市立鷹巣南中(2020)、阿仁町立阿仁第一中、阿仁町立阿仁第二中、鷹巣町立坊沢中(1958)、鷹巣町立緑ヶ丘中(1958)、鷹巣町立七座中(1958)、鷹巣町立綴子中(1958)、鷹巣町立栄中(1958)、鷹巣町立沢口中(1958)、<にかほ市> 象潟町立上郷中(1959)、象潟町立上浜中(1978)、<仙北市> 西木村立西明寺中潟尻分校(1966)、西木村立西明寺中相内潟分校(1972)、田沢湖町立田沢中(2004)、<鹿角郡> 小坂町立七滝中(1958)、小坂町立十和田中(2011)、<北秋田郡> 上小阿仁村立上小阿仁中屋布分校(1963)、上小阿仁村立上小阿仁中八木沢分校(1963)、上小阿仁村立上小阿仁中南沢分校(1963)、<山本郡> 八竜町立鵜川中(1975)、八竜町立浜口中(1975)、<南秋田郡> 五城目町立五城目中(1958)、五城目町立馬場目中(1969)、五城目町立大川中(1974)、五城目町立富津内中(1987)、五城目町立杉沢中(2003)、八郎潟町立一日市中(1963)、八郎潟町立面潟中(1963)、<仙北郡> 美郷町立六郷中(2012)、美郷町立千畑中(2012)、美郷町立仙南中(2012)、六郷町立六郷中湯田分校(1962)、千畑村立千屋中(1968)、千畑村立畑屋中(1968)、仙南村立金沢中(1960)、仙南村立東中(1960)、仙南村立西中(1960)。

全国高等学校野球選手権秋田大会決勝戦スコア (第60回大会~第100回大会)。

第101回大会 秋田中央5-4明桜 (延長11回サヨナラ)
600

記録室/全国高等学校野球秋田大会 夏ベスト8進出校(昭和60年~令和元年)。

令和元年 / 明桜・大曲工・能代・大曲・秋田中央・由利湯沢翔北・角館
602

記録 / 第101回全国高校野球選手権秋田大会展望 過去13年第1シード校戦績。

yama

秋田魁/県出身主要投手初登板成績 小野・吉田投手高卒ルーキー初登板初勝利。

初登板先発完封勝利 / 菅原勝矢投手
614

第66回春季東北高校野球大会 明桜-弘前東 明桜5回表 無死二、三塁で三重殺。

mie令和元年第66回春季東北地区高校野球大会 明桜-弘前東、明桜5回表無死二、三塁で三重殺。 1B1Sから2番下沢が打って投飛、三塁走者が走塁死(2-5)、二塁走者が走塁死(2-5)。【2011.10.10】平成23年10月9日(日)、東京六大学秋季リーグ 明治大-立教大2回戦で、明治大が22年ぶり11度目のトリプルプレーを完成。2回立教大攻撃中無死一、二塁で明治大難波投手(4、春日部共栄)が犠打の小飛球を捕球すると見せかけてワンバウンド捕球、三塁→二塁→一塁と転送されてスリーアウト。【2011.8.17】平成23年8月15日、大分明豊-岡山関西戦で夏甲子園大会10年ぶり大会史上7度目の「三重殺」を記録。関西の攻撃中、6回無死一、二塁で関西の打球を三塁手が処理し、三→二→一と渡り「三重殺」。シンプルなパターンでの記録達成。前回の記録は、平成13年愛媛松山商-奈良智弁学園戦で記録。

2018(平成30年) 第63回全国高校軟式野球秋田県大会 (6、6/30~、こまち)。

2019 (令和元年) より 秋田高校軟式野球部監督
ko

平成までをふりかえる 「秋田の球史」 ~第100回記念大会 甲子園までの 道のり。

Scan10001

平成までをふりかえる 「秋田の球史」 ~第100回記念大会 甲子園出場校勝利数。

Scan10001

田口清編著・発行/平成までをふりかえる秋田の球史 記録の行間から感動が甦る。

-こまちスタジアム所蔵大正4年8月24日付大阪朝日新聞も調査対象に-
new
-記録集掲載スコアボードも氏のオリジナル製作-

秋田市土崎港在住 田口清さん(69)作成 「平成までをふりかえる 秋田県の球史」。

Scan10001

秋田県野球人名録 / 右下手の小さな大投手 今川敬三投手(早稲田大-秋田商)。

im3弟99回全国高校野球大会、三本松(香川)のエース右腕佐藤圭悟投手 (3年) がわずか87球の2失点完投で二松学舎大付を下した。87球での9回完投は、1980年以降では最少4位タイ。【2015.4.24】毎日新聞 / 今から55年前、秋田商に165センチの 「小さな大投手」 がいた。今川敬三さん (故人) は抜群の制球力を持つアンダースロー。1960年 (昭35) 春のセンバツで4強入りし、そこから4季連続甲子園出場。60年春準決勝・米子東戦での74球 (8回) は、いまだに完投最少投球数のセンバツ記録だ。今川と同級生で、バッテリーを組んでいた保坂栄さん (71) は 「並外れた何かを持っていた」と話す。1960年(昭35)春のセンバツで4強入りし、そこから4季連続甲子園出場。60年春準決勝・米子東戦での74球(8回)は、いまだに完投最少投球数のセンバツ記録だ。今川と同級生で、バッテリーを組んでいた保坂栄さん(71)は 「並外れた何かを持っていた」と話す。保坂 当時は全県から 「エースで4番」 が秋田商に集まりました。同級生は最初は60人ぐらいで、残ったのは10数人。投手じゃないのは私だけでした。今川はランニングでいつも後方を走り、目立ちたがらないタイプ。1年夏まで打撃投手を務めたのですが、コントロールが良くて、打たれても打球が飛ばない。そこに (古城敏男) 監督は何かを見いだしたんでしょうね。新チームになった時に、今川を上手から下手投げに変えさせました。グラウンドのすぐそばに元秋田商監督の赤根谷 (飛雄太郎) さんの自宅があり、その庭のブルペンで練習しました。赤根谷さんが私の後ろに腰かけ、ステッキでミットを押さえて 「動かすな」 と言う。今川はそこに投げられないと、自分でボールを拾いにいきました。その繰り返しです。そうして磨いた制球力が今川の武器だった。直球にスライダー、カーブ、胸元に伸びる、沈むの2種のシュートを交え、コーナーをついた。4度の甲子園で8戦に登板し、うち2試合が無四死球、5試合がわずか1四死球だった。だが、強みはコントロールだけではない。「丸太のような」 太い腕を持ち、パワーもあった。保坂 いつでも打てるようなボールに見えるらしいけど、球威、キレがありました。打者のひざ頭あたりからぐっと伸びて、パーンと、ミットに手応えがあった。当時はお下がりの丸くて薄いミットだったから、痛くて痛くて。ミットと手の間にスポンジを入れていました。今川には 「保坂、音が響かないじゃないか。面白くない」 と言われましたよ。60年春、準々決勝の相手は優勝候補筆頭の慶応 (神奈川)。後に南海入りする右腕渡辺泰輔を擁し、バッティングも1回戦で21安打と好調。今川は慶応打線をシュートとカーブでうまくかわし、延長11回の末、2-1で完投勝利した。保坂 質のいいボールだから、打たれてもつまった当たりか、凡フライになるんです。渡辺が今川が亡くなった後に、墓参りに来たのですが、「もう1回試合してもやっぱり打てないだろうよ」 と言っていました。今川は早大卒業後、秋田に戻り、67年に母校の監督に就任。70、75年夏の2度甲子園出場に導いた。だが76年6月17日深夜、実家の大館市に向かう途中、センターラインを越え、対向車線のトラックと正面衝突。33歳の若さでこの世を去った。翌日の地元紙 「秋田魁新報」 の見出しは 「今川監督、居眠り運転で死ぬ」。当時、秋田銀行郡山支店(福島)に勤務していた保坂さんは、知らせを受け、すぐに秋田へ向かった。保坂 あまり見られませんでした。69年に自分が結婚式を挙げた時、あいつは練習を終え、秋田商ユニホームのまま来ました(笑い)。それだけ飾らないやつだった。今でも仲間と集まると 「今川がいなかったら甲子園に行けなかった。引っ張ってもらった」 と話します。(敬称略)[高場泉穗]

両校計10得点入りながら計7失策により投手はすべて自責点0という珍しい展開。

習志野8-2日章学園
598

朝日新聞出版 「全国高等学校野球選手権大会100回史 (A4、上下巻、函入り) 」 。

当初発売予定 2018年12月上旬から3ヶ月遅れで発行
http://news.nicovideo.jp/watch/nw3328199
100
定価 16,200円(税込・分売不可)

公式記録集/平成26年~秋田県高等学校野球大会(秋田県高等学校野球連盟)。

2018

2004~2013年 秋田県高等学校野球大会記録集(秋田県高等学校野球連盟)。

561e25de

負け数は信頼の証!?/現役最多 石川雅規投手の157敗 NPB通算では21位。

メッセンジャー (神)77敗 (2010-2018) 95勝/+18
gak

現役先発試合数1位/石川雅規投手 昨年22試合先発 今後10傑入りの可能性も。

-ヤクルト石川雅規投手 歴代通算14位-
isik

バット/高校野球大会で金属バットが解禁されたのは昭和49年春季地区大会から。

NPOロゴメールouyou近年のホームラン量産で懸念されるのは、守る側の安全面の問題。打球があまりにも強烈過ぎるため、内野手がボールをはじいて内野安打になる、投手への打球がグラブを弾き飛ばすシーンが散見。いっそのこと木製バットに戻してはと提案する声も出ている。関係者は 「もともとは経済面を考え、折れにくい金属バットが開発されました。今、複数の素材を合わせてつくった木製の複合バットというのがあるのですが、価格は金属バットと同じく2万円くらいしますが、耐久性は従来の木製バットよりずいぶん高くなりました。このバットは、近い将来、高校球界に革命を起こすかもしれません」。【2010.10.11】昭和49年夏選手権大会、銚子商篠塚利夫三塁手(2、右左、4番)は将来のプロ入りを意識してか木製バットを使用していたのは周知の事実。現在でも木製バット使用可能もやはり経費の面から金属バットがほとんど。以下、日本の高校野球での金属バットの説明の抜粋:木製バット、木片の接合バット、竹の接合バット、金属製バットの使用が認められているが、実際は使いやすさや耐久性の点から金属製バットの使用がほとんどである。色は木目色、金属の地金の色、黒色のみとされている。それ以外の着色バットは認められていない。また、金属製バットは1974年から使用が許可されたが、甲高い打球音が球審や捕手の難聴の原因になるとされ、1991年には打球音を抑えた消音バットを採用。更に、過度な軽量化がなされた結果、バット自体の破損や強すぎる打球によりプレーへの安全性が懸念された為、2001年より900g以下のバットの使用が禁止となっている。

第40.41回全日本大学野球選手権大会出場 秋田経法大(北東北大学野球連盟)。

秋田県高野連平成30年度優秀選手/吉田輝星、西岡海斗、児玉拓海、泉大成選手。

-金足農(佐々木大夢主将)・能代軟式(大山椋也主将)東北地区表彰-
2019

朝日新聞/全国高校野球大会都道府県別ベストゲーム(秋田県、1915~2017)。

順位はインターネット投票による結果
be10

2018(平成30年) 秋季秋田県中学新人軟式野球大会 各地区大会 成績上位校。

能代山本地区郡市代表決定戦 能代二2-0八竜・藤里
tikuv

2018(平成30年)公益財団法人全日本大学野球連盟(JUBF)加盟地区26連盟。

ドラフト会議10月20日開催 秋田県関係選手 プロ野球ドラフト会議 指名状況 <2>。

平成29年度 大曲工 藤井黎来投手(美郷-仙南東) 広島育成2位
sorahuto2

春季・秋季東北地区高等学校野球大会 / 2009~ 平成21年以降秋田県代表校。


shunzyu

2000(平成12年)以降秋季東北地区高等学校野球大会秋田県代表校(備忘用)。

こまちスタジアム改修のため秋田県開催 平成29年→平成30年
shue

2017~2018(平成29年~平成30年) 秋田県高等学校野球 各季大会上位校。

109

第100回全国高等学校野球選手権大会 決勝 8月21日(火) 金足農-大阪桐蔭。

dag
eki

第100回全国高等学校野球大会14日目 8月18日(土) 第4試合 金足農-近江。

kir
geki

2018(平成30年) 全国高校野球秋田大会終了時点 各高校1・2年生部員概数。

123

珍しい2点犠飛 / プロ野球中日京田陽太内野手が神走塁で二塁から一気に生還。

2<中日-阪神> 7月31日ナゴヤドーム、中日京田陽太内野手 (24) が “神走塁” を披露し、めずらしい2点犠飛を演出。3回、武山真吾捕手 (34) の右前打で1-1と追いついて、なお1死満塁の場面。大島洋平外野手 (32) の放った打球は中堅やや後方への飛球。中堅の俊介がつまずきながら捕球すると、三塁走者はゆっくり生還。さらに二塁走者の京田は即座に二塁からタッチアップ。中継がもたつく間に1度もスピードをゆるめずに、本塁を駆け抜けた。公式記録員は 「打点2」 と発表。犠牲フライで2打点するいわゆる 「2ラン犠飛」 は、ロッテ鈴木が13年9月15日の西武戦で記録して以来5年ぶり。

大仙市立中仙中学校 山形琉唯投手(3、中仙) 対羽後中学校戦で完全試合達成。

DjBGA40U4AAe1Oz

秋田県少年野球大会歴代優勝・準優勝校(昭和63年・54回~平成29年・83回)。

v

2018(平成30年)第100回全国高校野球秋田大会準々決勝先発選手学年構成。

金足農27、能代松陽26、明桜26、由利25
27

能代市地区勢/平成4年、22年、23年 高校硬式・高校軟式・中学軟式・学童野球。

平成30年 中学ソフトボール 東雲中優勝 登録選手9名
<yamaben>さんhttps://twitter.com/yamabennoshiro
yam

2018(平成30年)春季全国高等学校野球地区大会 優勝校・準優勝校(簡易版)。

3年連続夏甲子園出場、今春九州大会優勝 九州国際大付敗退
4514

記録 / 第100回全国高校野球選手権秋田大会展望 過去12年第1シード校戦績。

平成30年 第1シード 金足農 激戦ブロックに
sd

2018(平成30年)第100回全国高校野球選手権秋田大会(7/11~、こまち他)。

vvv

2018(平成30年)全国高校野球選手権秋田大会出場各高校1年生部員数概数。

1
能代高校軟式野球部1年生 12人

あきた高校野球群像 / 1試合19奪三振 登藤結実さん (現姓鈴木、23、秋田工)。

Scan10001

昭和30年代 (昭和30年~39年) 夏甲子園大会出場秋田県勢校ベンチ登録選手。

natu<昭和39年、秋田工>[責]安藤晃、[監]伊東俊穂、[投]三浦健二、[捕]鎌田賢一、[一]鈴木達男、[二]横山通、[三]佐々木昇、[遊]大友良雄、[左]柴田一男、[中]田口達也、[右]松田義顕、二田昇、千葉新一、鈴木隆、佐藤逸郎、保泉利悦。<昭和38年、能代>[責]小笠原恒太郎、[監]太田久、[投]簾内政雄、[捕]谷内五郎、[一]渡辺節朗、[二]山田勤、[三]菊谷良己、[遊]中田満、[左]武田弘二、[中]田村進、[右]岩井聡、小林敬一、畠山洪喜、佐々木幸綱、宮腰信也、大谷敏禎。<昭和36年、秋田商>[責]後藤正男、[監]古城敏雄、[投]今川敬三、[捕]保坂栄、[一]栗橋五郎、[二]鈴木義光、[三]谷真克、[遊]高橋洋之、[左]藤原正己、[中]川村誠、[右]堀井喜一郎、吉田仲介、田中杲、上村雄悦、木山義弘、佐々木元。<昭和35年、秋田商>[責]後藤正男、[監]古城敏雄、[投]今川敬三、[捕]成田光弘、[一]栗橋五郎、[二]鈴木弘、[三]谷真克、[遊]庄司裕男、[左]藤原正己、[中]池田正元[右]熊谷真人、長岐博司、保坂栄、川村誠、帯隆一、小林登。<昭和33年、秋田商>[責]後藤正男、[監]古城敏雄、[投]石戸四六、[捕]渡部勇造、[一]加賀谷勝美、[二]鈴木康雄、[三]熊谷欽也、[遊]長谷川光佑、[左]加賀谷一夫、[中]三浦第三、[右]金正二郎、鈴木弘、二田勇、成田光弘、石川光男、丹野満夫。<昭和31年、秋田>[責]桜谷吾朗、[監]山谷喜志夫、[投]伊藤俊成、[捕]男鹿谷和美、[一]荻原馨、[二]佐藤紀男、[三]渡辺順治、[遊]熊谷光太郎、[左]北条浩好[、中]中川満、[右]佐藤順明、佐々木信夫、田中勝之、高橋光雄、桜庭直秋、沼田昭一。

全国高校野球選手権秋田大会 無安打無得点達成投手 (高校スポーツデータ室)。

平成29年大曲工 藤井黎來投手 対大曲農戦で無安打無得点
http://www.geocities.co.jp/Athlete-Olympia/5028/index2.html
muandamutokuten

第61回全国高校軟式野球北東北大会 秋田工業高校 見上洸基投手(3、外旭川)。

-バンバータチャレンジカップ2018社会人軟式福島大会 東北地区大学選抜-
144
対専大北上戦 見上洸基投手(3、右、秋田工) 144km (能代球場)
mikami

記録室 / 秋田県内高等学校硬式野球部監督推移表 [2](昭和61年~平成2年)。

1

記録室 / 秋田県内高等学校硬式野球部監督推移表 [3](平成3年~平成7年)。

2
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
月別アーカイブ