nakamura<毎日新聞2015年02月26日地方版> 例年よりも、母校の応援に力が入る。センバツに出場するから、だけではない。自分の背中を見て大曲工野球部に入ったおいの活躍が楽しみだからだ。中邑裕也さん(26)は、2006年春に野球部が初めて県大会優勝を果たしたときのエース。自身は手が届かなかった甲子園切符を手にした後輩たちに 「勝ってほしい」 と心底願っている。中邑一生選手(2年)は兄の長男にあたる。昨年秋の大会では右翼手。打力があり、五番打者としてクリーンアップの一角を担っていた。9歳年下の一生選手は、大曲工時代の自分に憧れて野球を始め、そして後を追うようにして入部したのだという。「甲子園に出るのだから、もう自分を超えたと思う。誇りを持ってプレーをしてもらいたい」 と望む。中邑さん自身は阿部大樹監督の勧めもあって日本大に進み、硬式野球部に所属した。卒業後は地元に戻り、社会人として猿田興業軟式野球部で野球を続けている。今も母校の試合を足しげく観戦する。「やっぱり、雪国でもやれるんだという姿を見せてほしい。そして、大工(だいこう)(大曲工)の名を全国にとどろかせてほしい」【中村俊甫】