yamanasi吉田洸二監督(44)就任1年目の山梨学院大付が平成25年秋季関東大会準々決勝で高崎健康福祉大高崎に4-3で勝利し準決勝進出、来春のセンバツ当確に【2013.2.16】 山梨学院大付属高校野球部新監督に、2009(平成21年)春センバツで県立長崎清峰を率いて優勝した吉田洸二氏が内定。吉田氏は長崎県出身、佐世保商から山梨学院大進学、2001年から長崎清峰の監督に就任、2009年のセンバツで初優勝を果たした。山梨学院大付は春夏甲子園に過去6度出場。
【2011.10.10】佐久長聖は、野球部新監督に元PL学園監督 藤原弘介氏(37)の就任を発表、正式就任は平成24年4月1日付。藤原新監督は大阪府出身、PL学園では外野手として活躍、1992年春センバツではベスト8に進出。大阪経法大卒業後、1998年からPL学園のコーチを務め、2002年に27歳で監督就任。2003、04年夏の甲子園出場、06年センバツでは前田健太投手(現広島東洋)を擁してベスト4進出。コーチ、監督、副部長時代を通じて甲子園には計8回出場。長野県には単身赴任し、部員と寮生活を共にする予定。
【2011.8.2】佐久長聖高校野球部でいじめ事案、平成23年秋季大会出場辞退へ。長野佐久長聖高校野球部で1年生部員へのいじめがあったことが判明。平成23年5月中旬から複数の1年生部員が1年生部員に平手打ちなどの暴行を加えていたもの。第93回全国高校野球選手権長野大会期間中の7月20日に同校から報告を受けた長野県高野連は、レギュラー選手に加害者の部員がいなかったことから、特例で出場継続を認めていた(準々決勝で敗退)。7月27日に日本高野連から厳重注意処分を受け、秋季大会の出場を辞退。