★ 備忘録 「熱球通信」 ・ 特定非営利活動法人秋田県野球フォーラム ★

熱球通信は、秋田県野球フォーラム会員有志による備忘録を兼ねた「秋田県野球」にこだわった私的ブログで、記録等については公式なものではありません。リンク等オールフリーですので事前のメール等一切不要です。、更新頻度は原則毎日ですが、秋田県出身で県外に在住の方も念頭に更新していますので、内容等一部については地元情報より遅れる場合があります。練習試合の結果情報は原則掲載しません。また、コメント送信欄と掲示板については諸般の事情により対応していません。中学硬式野球・女子野球の紹介に努めています。

2017年12月

<スポーツ用品メーカー ミズノ> 投球計測球 「MAQ」 開発 「キレ・伸び」 数値化。

maq巨人が年明けに 「データ分析室」 を新設することが12月30日、分かった。ボールの回転数など約70項目を測定できる高性能弾道測定器 「トラックマン」 による数値を始め、膨大なデータをチーム強化につなげることが狙い。専門部署が徹底した分析を行い、情報戦を優位に進める。【2017.12.27】阪神が今オフに弾道測定器 「トラックマン」 を2軍の本拠地鳴尾浜にも設置の方向。【2017.11.17】ロッテは来季からZOZOマリン、2軍本拠地のロッテ浦和に高性能弾道測定器 「トラックマン」 を設置。すでに導入している球団が多く、打球の角度や飛距離、投球の回転数などを測定できる。球団内に新たに分析グループを設置することも決めており、球団は 「今後はどんどんデータを生かしていきたい」 と説明。また、来春の石垣島キャンプから活用できるよう、携帯用の測定器も購入。【2017.11.07】ヤクルト 「MAQ」 で球速&回転数計測。【2017.9.21】/スポーツ用品メーカーのミズノが、球速や回転数、回転軸を計測できる野球硬式球 「MAQ(マキュー)」 を開発した。業界では初めての試みで、感覚的に語られることが多かった投球の 「キレ」 や 「伸び」 を数値で表すのが特徴だ。今後、プロの現場などでテストを重ねてデータを収集し改良を加えたうえで、来年春の販売開始を目指す。MAQの重さや手触りは通常の硬式球と変わらないが、中心部に特殊なセンサーを内蔵する。スマートフォン用のアプリケーションに連動し、球速や回転数が表示される仕組みだ。販売価格は2万1384円(税込、別途充電器要)を予定している。ミズノによると、初速150キロの直球の場合、1秒当たりの回転数が45回転と30回転では、捕手のミットに収まるまでに20センチの高低差が生じる。これが球の回転数と 「伸び」 の関係を示す一例とし、さらに回転軸の方向は球の変化につながるという。投球の分析に詳しい国学院大の神事努准教授 (バイオメカニクス) は 「投球の評価は速度だけでは不十分。打てない球はそれだけではない」 と回転数の重要性を指摘する。

日本ハム球団 / コーチ留学終えた中嶋聡GM特別補佐(48) 3年ぶりコーチ復帰。

naka北鹿新聞 > 北秋田市出身の元プロ野球選手で、プロ野球・北海道日本ハムファイターズのコーチに就任した中嶋聡さん (48 )が28日夜、市役所を表敬訪問した。津谷永光市長に就任を報告し 「ぼくの仕事は守りを含めた作戦」 と来季の活躍を誓った。中嶋さんは鷹巣農林高 (現・秋田北鷹高) から阪急ブレーブス (当時) に入団。強肩の捕手として名をはせた。現役終盤の12年間所属した日ハムに請われ、引退後の28年度から2年間、チーム統括本部ゼネラルマネジャー特別補佐に着任。提携先の米国サンディエゴ・パドレスでコーチやスカウトを学んだ。今年10月に球団からバッテリー兼作戦コーチ就任が発表されていた。空路で帰郷し、高校時代の恩師・津谷正俊さんら地元関係者と市役所を訪ねた。日本のプロ野球より分業化が進んでいる米国の野球事情などを津谷市長に語り、日米双方の長・短所を実感したという。その経験を生かすことになる日ハムは今季パ・リーグ5位に終わり、チーム再建に期待がかかる。主力の大谷翔平選手が米大リーグのエンゼルスに移籍する一方、高校野球界を盛り上げた清宮幸太郎選手が入団するなど選手の入れ替わりが進む。中嶋さんは「まったく知らないところから見て選手として使えるかどうか。早めに見たい」と述べ、各選手の見極めから着手する考えを示した。津谷市長は注目チームの最新動向を直接聞き、気持ちが高ぶった様子。「新しい扉が開けた。活躍を期待しています」「日ハムを注目して見たい」 と激励した。中嶋さんは1月3日まで故郷に滞在し同下旬に渡米する予定。その後キャンプに合流するという。
 

2017(平成29年度) NBP12球団ジュニアトーナメント (12/27~、札幌ドーム)。

中日Jrがサヨナラ勝ちで2年ぶり3度目の優勝
[12/28、楽天] 三原田、井上、斎藤(陽)、武田、木村-堀江(西仙北)
rs
[12/27、楽天] 川本(院内)、井上、小玉(払戸)-堀江(西仙北)
1hi
各グループ上位1チーム準決勝進出 http://npb.jp/junior/2017/games.html
12

秋田さきがけ新聞 / 2017(平成29年) 年間1位 「猫、屋根から下りられニャい」。 

平成30年夏甲子園大会 100回大会記念して男女のアベック決勝開催計画協議。

e670fb58誤報と判明。<11/27、スポーツ紙> 高校野球の聖地・甲子園で女子選手がプレーする歴史的機会が訪れるか。来夏に100回目の節目を迎える全国高校野球選手権大会の決勝戦前に、全国高校女子硬式野球選手権大会の決勝を行う計画があることが12月26日、分かった。100回大会記念事業の一環として、関係者で協議が進められている。全国の高校で女子硬式野球部設立の動きが進んでいる。1997年の第1回全国高校女子硬式野球選手権大会の出場校は5校。そこから全国高校女子硬式野球連盟の加盟校は26まで増え、埼玉栄が2年ぶり7度目の優勝を果たした今年7~8月の第21回大会は、25校と高校にチームのない選手が集まった全国高校連合丹波の計26チームで争われた。拡大基調の中で持ち上がったのが、来夏の第22回大会決勝を甲子園で行う画期的プランだ。日本高校野球連盟主催の 「夏の甲子園」 、全国高校野球選手権大会は来夏が100回大会 (8月5日開幕)。これを記念した関連事業が計画されており、女子決勝の甲子園開催はその一つだ。男子の決勝戦前の午前に実施し 「アベック決勝」 とする案が出ている。

BALL PARK AKITA / 伝説、記憶・記録に残る試合 多数審判 鈴木鉄三郎さん。

詳細は <ABALL PARK KITA> にて
ts
BALL PARK AKITA より転載 (画像/本人提供)
57

秋田市立秋田商業高校硬式野球部 歴代監督 (野球部創部80周年記念誌参考)。

mark・大正11年~大正13年 根本行都、大正14年~昭和3年 鈴木信、昭和4年 渡辺泰太郎、昭和5年 松倉健三、昭和6年~昭和9年 三浦金治、昭和10年~昭和11年 南与四郎、昭和12年 森川弥春、昭和13年~昭和15年、昭和21年 辻長哲郎、昭和22年 鎌田一男、昭和23年 高橋和三郎、昭和24年~昭和25年 芳賀堅之助、昭和26年~昭和27年 滝沢和夫、昭和28年~昭和30年 赤根谷飛雄太郎昭和31年 佐川吉十郎、昭和32年~昭和38年 古城敏雄、昭和39年~昭和40年 長谷川光佑、昭和41年 金谷貞太郎、昭和42年~昭和50年 今川敬三、昭和51年~昭和52年 加藤肇、昭和53年~昭和59年 三浦第三、昭和60年~昭和63年 菅原一夫、平成元年~平成6年 三浦第三、平成7年~平成20年 小野平、平成21年~ 太田直。

雑誌 「ホームラン」 秋田県歴代ベストナイン(平成10年当時)と山谷喜志夫選手。

f1e9cfd8-s雑誌 「ホームラン」 秋田県歴代ベストナイン 1、成田憲明 (秋田) RF、2、本多秀男 (秋田) 2B、3.小西秀朗 (秋田) CF、4.武藤一邦 (秋田商) LF、5.高橋捷郎( 秋田) 1B、6.武田武 (秋田中) SS、7.長谷川寿 (金足農) C、8.半田貴志 (経法大付 )3B、9.石戸四六 (秋田商) P。※武田武選手- 昭和54年発行 「少年野球 秋田の球児-60年の歩み-」 によると、昭和5年第10回大会に土崎小の投手として選手登録。ちなみに、この年のA組高等科で優勝した朝日の4番山谷喜志夫投手は、その後、秋田中-法政大-函館オーシャンクラブ-秋田営林局と進み、秋田高の監督 (昭和27年~37年)も歴任。秋田中時代は、投手、捕手、三塁と何でもこなすオールラウンドプレーヤーで、昭和6年から4年連続甲子園出場。秋田高監督としても3度甲子園の土を踏んでいる。(本文より)。秋田商赤根谷飛雄太郎選手とライバル、昭和48年秋田高校創立100周年記念式典で表彰。山谷勝志選手も昭和48年夏秋田高で甲子園出場。

北海道学生野球連盟所属 函館大進学 秋田中央 石郷岡亮、本荘 桜庭洋輝選手。

<チョコパン>さん https://twitter.com/smalto19
左 / 秋田中央 石郷岡亮(秋田東)、右 / 本荘 桜庭洋輝(金浦)選手
hako

熱球通信期待選手 / 先輩藤井黎来投手に続け 大曲工 髙橋大喜投手(1、平和)。

<チョコパン>さん https://twitter.com/smalto19
kita

2017(平成29年度) NBP12球団ジュニアトーナメント (12/27~、札幌ドーム)。

堀江大和選手( 6、西仙北BCスポーツ少年団)攻守の要
1512104201641

BALL PARK AKITA / 社会人で都市対抗を目指したい 大曲工 高橋航平 選手。

詳細は <ABALL PARK KITA> にて
kouhei
BALL PARK AKITA より転載 (画像/保護者提供)
056

歴代主将 / 秋田県立大曲工業高等学校野球部主将 (昭和56年~平成29年)。

C6HssOeU8AAk4Uz 昭56 佐々木美尋(仙南)→ 昭57 高橋正輝(大曲)→ 昭58 佐藤正樹(大曲)→ 昭59 高橋豊幸(中仙)→ 昭60 佐藤靖彦(中仙)→ 昭61 佐々木進(中仙)→ 昭62 矢野均(大曲)→ 昭63 佐藤正従(西仙北西)→平1 小松修(大曲南)→平2 伊藤正幸(西仙北西)→平3 山田和也(大曲南)→平4 佐渡悟(南外)→平5 三浦将博(中仙)→平6 熊谷正俊(仙北)→平7 高橋和樹(千畑)→平8 進藤達也(西仙北西)→平9 佐々木哲也(大曲)→平10 武藤浩二(桧木内)→平11 伊藤雅人(南外)→平12 佐々木拓也(南外)→平13 伊藤孝昭(南外)→平14 佐藤茂樹(仙南)→平15 清水俊晴(六郷)→平16 伊藤力(西仙北東)→平17 高橋隆太(平和)→平18 佐藤慎吾(西明寺)→平19 藤原和弘(大曲)→平20 佐々木浩晃(仙南)→平21 杉山健太(大曲南)→平22 草薙元紀(豊成)→平23 今陽介(平和)→平24 小松田眞福(大雄)→平25 高橋勇二(太田)→平26 田代大智(大曲)→平27 岡本昌真(美郷)→平28 高橋陽喬(太田)→平29 高橋航平(大曲南)。[校訓] 正 忍 創  ※誤字脱字訂正加筆 jstaff@cna.ne.jp

2017(平成29年)秋田県野球協会公認野球審判員資格審査会第1・2種合格者。

sinpan<第1種資格審査合格者、19人>石川友也、照井正仁、山石正明、鈴木晃紘、久米春樹、大石望、髙村徳和、菅原孝一郎、小松栄介、相馬基文、工藤泰成、熊谷力、佐々木知重、佐々木 孝、佐藤宏行、吉尾裕人、安杖一、福岡弘哲、伊藤充。<第2種資格審査合格者、68人>高橋慶彦、小鷹康方、加藤禎浩、内川裕也、渡部健、高橋一樹、門間豊、岩月忍、高村慶吾、勝田  修弘、小松聖嗣、草彅伸、藤嶋茂樹、小松将樹、工藤周、遠藤孝斗、佐藤誠浩、田口俊光、桜田 信明、金子剛大、佐藤竜輝、村上修一、菅原大亮、藤原誠人、小林覚、渡辺一記 菅原和樹、伊藤隆、渡邊司、高橋 諒、北嶋公樹、小笠原裕樹、伊藤光洋、田中良道、佐藤正樹、石川達大、畠山公正、佐藤崇典、石川政彦、工藤知人、佐藤峻太、鈴木柊、高橋政光、朝日聖、齊藤巧、田中 浩、元金祐介、児玉隆也、芹田雄太、中澤楊一郎、加藤宏美、小林純一、小番健二、今野貴博、髙野航大、今野弘雄、菅原洋介、草薙尚樹、土田健治、山下雅紀、梶村孝徳、伊藤 勝、小野正俊、高橋優斗、佐藤昌弘、齋藤裕、加藤 誠、佐々木隆太。※誤字脱字訂正加筆 jstaff@cna.ne.jp

第15回日台国際野球大会/ リトルシニア東北選抜チーム(12/29~1/2、台湾)。

第15回日台国際野球大会/ リトルシニア東北選抜チーム(12/29~1/2、台湾)。

石井夢沙士(秋田北、2、城東中)、 阿部航平(秋田北、2、将軍野中)
DRsgFGDV4AAm8s4

第15回日台国際野球大会/ リトルシニア東北選抜チーム(12/29~1/2、台湾)。

<チョコパン>さん https://twitter.com/smalto19
kitas

2017(平成29年)第10回秋田県地区選抜野球大会(12/10~、ニプロハチ公)。

3ルパン3世のつぶやき> さんの大会総評。秋田市選抜の3連覇がかかる北東北選抜クラブチャンピオントーナメントが27日に大館樹海ドームで開催されます。他県の代表の事はよく分かりませんが、秋田県代表の3チームもそれぞれ持ち味があるチームですね。秋田県の代表は予選、決勝と3チーム見ました。総合力では34チームから選ばれた秋田市のような気がしますが主力選手が昨日は病欠のようで、27日に間に合うのか気になるところです。ただ、戦力は豊富なのでやってくれるでしょう。個人的には強肩強打のセンターに注目しています。予選で見たセンターゴロを刺したのが強烈でした。湯沢雄勝選抜は主力選手の体格の良さが目につきました。エースでトップバッターは雰囲気があります。2枚目も力強いピッチングでした。仙北市選抜は何と言っても投打の要の角館バッテリーでしょう。昨日は2試合とも投げてたのでは??。【秋田県代表】湯沢雄勝選抜、仙北市選抜、秋田市選抜。【青森県代表】弘前市選抜、十和田選抜。【岩手県代表】花巻オウルズ、盛岡オールスターズ。

2017(平成29年)第10回秋田県地区選抜野球大会(12/10~、ニプロハチ公)。

湯沢雄勝仙北市・秋田市 北東北選抜野球大会(12/27、ニプロハチ公)
http://takehan.kofuu.co.jp/archives/1192/
take2
take

庄司 (23、武蔵川、埼玉大中退-横手-仙南中) 序二段優勝 2場所連続格段優勝。

shouz<11/24 スポーツ紙> ◇大相撲九州場所13日目、福岡国際センター。6戦全勝同士の優勝争いとなった序二段は、史上4人目の国立大出身者 (8月に埼玉大を中退)で、序ノ口の先場所で優勝した西15枚目の庄司 (23=武蔵川、本名・庄司向志、秋田県美郷町出身) が、虎来欧 (20=鳴戸) を寄り切りで破り、2場所連続の各段優勝を決めた。序ノ口からの連勝を14に伸ばした。右四つでがっぷり胸が合い、相手に左上手を与えなかった。「上手を取らせたら強いから嫌ったけど取られて」 と話すように、相手にも上手を引かれ正面土俵に寄り立てられた。絶体絶命のピンチも、つま先立ちで 「死に物狂いで」 (庄司) 何度も残し、逆に体を入れ替えると、こん身の力で寄り切った。来場所は三段目の土俵が待っている。秋田・横手高3年時に高校総体出場 (個人で予選落ち)。埼玉大では4年時に大学選手権ベスト32入りし、2場所連続優勝は想定していたが 「三段目では多分、負けちゃうでしょう。そこまでの力はない」 と現状の力は認識している。それは分かった上で、理想の相撲とする師匠の武蔵川親方 (元横綱武蔵丸)、同郷であこがれている豪風 (尾車) を目標に、3年以内での関取を目指す。

東北屈指の剛球 ・ 水沢英樹投手 (秋田経法大付-生保内) 2年連続春東北制覇。

mizu

秋田県高校ライバル物語 / 地元の夢砕いた地元のヒーロー 水沢英樹-浅利昌彦。

mizusawa2012(平成24年)天皇賜杯第67回全日本軟式野球大会 (10/27~、沖縄県) 出場 TDK 浅利昌彦監督は 「会社・職場・家族に感謝し、チーム一丸となって戦います」 地元の夢砕いた地元のヒーロー、水沢英樹(経法大付-生保内)-浅利昌彦(角館-角館)。1987(昭和62年)第69回甲子園秋田大会決勝は圧倒的強さで進出してきた第1シード経法大付とノーシードながらバランスのとれた攻守でコマを進めてきた県南の伝統校角館の対戦に。経法大付は春の全県大会と東北大会でも優勝しており、マウンドには常に若松かプロ注目水沢が立っていた。角館の浅利にとっては、中学時代からどうしても超えられない大きな 「壁」、それが水沢だった。共に仙北地区の中学出身で、2年で全県優勝投手になり、3年時にも全県出場を果たしている水沢の生保内中は、浅利の角館中にとってはまさしく天敵だった。そして今再びその大きな壁に挑む時が来た。浅利は角館の中軸で、守備も遊撃手と攻守の要、前日の秋田中央戦でも本塁打を放ち、確かな手ごたえを感じていた。が、結果は佐々木修の連投の疲れもあり、1-7で経法大付に敗退。浅利の甲子園への夢はついえたが、水沢に対して3打数1安打(二塁打、1三振)の内容で、試合には敗れたが、中学からのライバル水沢からの二塁打は大きな自信に。水沢は中学時代から注目の右腕で、オフにはスキーアルペンで全県優勝するなど抜群の運動神経を魅せていた、高校卒業時に広島からドラフト指名されプロへ進んだが、現役中は故障に泣かされ、1軍のマウンドに立つこと出来なかった(敬称略、平成9年8月 「熱球通信」 からの再掲)。<昭和62年夏 秋田経法大付 huzoku登録選手> [投]水沢英樹(3、生保内)、[捕]○佐々木一幸(3、平和)、[一]若松寿樹(3、比内)、[二]土屋治巳(3、川柳)、[三]西巻健一郎(3、岩崎)、[遊]田中亮(2、山王)、[左]佐藤康典(3、土崎)、[中]鈴木由和(3、川柳)、[右]古屋吉則(3、大曲西)、佐々木卓哉(3、大曲)、平林卓郎(3、越谷南)、成田敦(3、鷹巣)、長谷部建一(3、秋田西)、佐々木誠(3、山王)、今野新二(2、豊岩)、嵯峨猛(2、山王)、若林秀樹(3、川柳)、[責]古谷孝男、[監]鈴木寿。<昭和62年夏 角館 登録選手> [投]佐々木修(3、西明寺)、[捕]○村上浩樹(3、中仙)、[一]森元寿文(3、角館)、[二]高橋亮(3、角館)、[三]佐々木直行kakunodate(3、角館)、[遊]浅利昌彦(3、角館) [左]草彅慎也(3、生保内)、[中]草彅大輔(3、豊成)、[右]藤田貴士(3、中仙)、藤田喜士(3、中仙)、高橋博之(2、大田)、石塚仁(2、生保内)、戸堀賢太郎(3、中仙)、佐藤雅和(2、大曲)、柴田清史(3、生保内)、佐々木英樹(2、豊成)、田口慎二(1、生保内)、[責]才田一展、[監]塚田博。 ※誤字脱字訂正加筆 jstaff@cna.ne.jp

金足農 佐川潔投手 (右右、187/88、山王) 重い速球は東日本随一の折り紙つき。

-画像は昭和63年時、現在は柔道整復師として開業-
saga

BALL PARK AKITA / 第77回都市対抗 TDK初優勝の原動力 野田正義投手。

詳細は <BALL PARK AKITA> にて
noda
BALL PARK AKITA より転載 (画像/本人提供)
35

日本野球科学研究会への誘い / 事務局 仙台大学大学院スポーツ科学研究科内。

12/16.17 第5回大会 基調講演、3シンポジウム、46研究発表
https://full-count.jp/
sai
yuu
yk

二宮弘道主将さきがけ紙紹介 / 昭和60年~秋田県立新屋高校野球部歴代主将。

araya23期生二宮弘道さん(47)新屋高校同窓会関東・東京支部長就任。【新屋高校、S60~】 昭60長井仁(城東)、→昭61長井仁(城東)、→昭62高橋智(秋田西)、→昭63二宮弘道(秋田東)、→平1富樫茂樹(城南)、→平2後藤智樹(山王)、→平3塚田智也(秋田西)、→平4福田淳一(秋田西)、→平5須賀章(土崎)、→平6柴田弘紀(城東)、→平7中川晋(城南)、→平8幸野修(土崎)、→平9鈴木賢治(飯島)、→平10三浦和真(秋田東)、→平11石山裕介(勝平)、→平12遠藤正朗(秋田東)、→平13桐越準(秋田南)、→平14三浦和喜(秋田東)、→平15今野未来(雄和)、→平16塚田孔明(秋田西)、→平17最上智貴(御野場)、→平18福原圭介(勝平)、→平19今野飛鳥(雄和)、→平20工藤尚史(城南)、→平21菅原雄大(河辺)、→平22山内雄平(秋田西)、→平23鎌田隆馬(河辺)、→平24大友喬智(御野場)、→平25高橋怜生(城南)、→平26伊原大智(城南)、→平27成田峻(城南)、→平228佐藤瑛介(山王)、→平29佐藤浩哉(合川)、[校訓] 自尊・自知・自制 。※誤字脱字訂正加筆 jstaff@cna.ne.jp

BALL PARK AKITA/ 20世紀の思い出 野球部あるある! 県立金足農業高校。

詳細は <BALL PARK AKITA> にて
25550448_1936916223294188_7823282708308534514_n


記憶に残る選手/慶應大学 佐藤翔選手 リーグ史上初 1シーズン満塁本塁打2本。

4acce3f5楽天後藤光尊選手の現役引退により秋田県関係のプロ野球野手はゼロに(巨人橋本選手除く)。【2014.7.03】平成21年7月2日、都市対抗東北2次予選決勝でJR東日本東北が七十七銀行を破り3年ぶり22度目の本戦出場。4番DHで出場した佐藤翔選手は3安打3打点、大会MVP。【2013.2.15】2007(平成19年)5月19日対法政大1回戦で、慶應大 佐藤翔選手 (秋田-御野場) が東京六大学史上初となる1シーズン満塁本塁打2本達成 (リーグ通算最多記録は3本)、右右、190cm94kg、遠投95m、50m6秒1、血液型A。高校時は3年夏に捕手として甲子園出場、大学入学後に外野手転向。両親ともにバレーボール選手で、巨体を生かした長打力が持ち味。リーグ通算11本塁打、ベストナイン2回。【2009.11.08】社会人野球JR東日本東北 佐藤翔選手 (慶応大-秋田-御野場-仁井田)、現役引退報道。右足の故障が原因、残念の一言。大学3年時には、ドラフト候補の 「3翔」 「4翔」 と高い評価。<平成15年夏秋田高校県大会登録選手> 佐藤裕輝(3、御野場)、佐藤翔(3、御野場)、渡辺亮(2、城東)、○佐々木圭太(3、泉)、伊藤徹平(3、大正寺)、佐藤拓也(3、平和)、小野康太(3、泉)、成田大(3、二ツ井)、浜田浩二(3、羽城)、草階卓巳(2、八郎潟)、山岡樹宗(1、土崎)、遠藤野歩(1、井川)、藤原憲惣(2、角館)、高橋範慈(3、協和)、加藤研(2、泉)、齋藤正明(2、秋田西)、田中祐哉(3、大潟)、長門将志(2、峰浜)、谷地田潤(2、御野場)、江畑知洋(3、男鹿中)、[責]小林正人、[監]佐藤幸彦、[記]伊藤厚(3、雄和)。

朝日新聞バーチャル高校野球/憧れ こまちスタジアムでアナウンス 矢野菜摘さん。

yano朝日新聞バーチャル高校野球 秋田中央のマネジャーでした。2005年の第87回全国高校野球選手権秋田大会では、こまちスタジアムで行われた開会式でアナウンスを務めました。グラウンドに立ってのアナウンスは、この年から始まったそうです。当時、秋田中央では女子マネジャーはグラウンドに入れませんでした。他校のマネジャーが練習の手伝いをするのをうらやましく感じたことも。練習後、誰もいなくなった暗いグラウンドにこっそり入って、いつもと違う景色を楽しんだこともあります。最後の夏の大会を前に、監督に突然大役を告げられました。試合のアナウンスは何度も経験していましたが、まさか開会式でやることになるとは……。人前で話すのが苦手だったので、家で一人、ぶつぶつと練習しました。リハーサルで踏んだグラウンドは、とにかく広かった。当日は朝からソワソワしていました。いざ始まると、あまりの観客の多さに緊張して、周りをよく見渡せなかったです。選手の整列写真を見返すたびに、「こんなにいたんだ」 って驚きます。緊張からか暑さからか、汗がダラダラと流れました。ただ、途中からは吹っ切れて、大舞台を楽しみました。何度か嚙んだような気もしますが、大きなミス無く終わると、解放感!憧れだったグラウンドに入れましたし、良い思い出です。これを機に、自分の気持ちを口に出すことができるようになりました。この大会、秋田中央は失策が響き、1回戦で敗れました。部員たちとは今でも年末の同窓会で笑い合っています。大学卒業後は宮城県内の歯科医院などで働き、2年ほど前、秋田市に戻って当時の一塁手と結婚。今は八橋球場で公式戦があれば、観客席から夫婦で母校を応援しています。(聞き手・神野勇人)

朝日新聞バーチャル高校野球/憧れ こまちスタジアムでアナウンス 矢野菜摘さん。

yano第87回選手権秋田大会 1回戦 秋田中央3-6能代商。<平成17年夏 秋田中央高校 登録選手> [投]金卓史(3、雄和)、[捕]関健太(3、河辺)、[一]加藤嵩志(3、飯島)、[二]太田原晃(2、勝平)、[三]伊藤憲人(3、飯島)、[遊]渡辺龍馬(2、将軍野)、[左]加賀力哉(3、男鹿南)、[中]佐藤雄大(3、雄和)、[右]○杉沼哲平(3、土崎)、鷲谷啓介(3、岩城)、佐々木量平(2、泉)、船木駿(2、御野場)、小沢俊介(2、泉)、鈴木龍宏(3、外旭川)、嵯峨悠也(3、勝平)、杉沼慶(1、土崎)、相馬一輝(2、将軍野)、佐々木将也(3、外旭川)、森合慎一郎(3、太平)、鎌田哲(1、大正寺)、佐々木匠平(3、将軍野)、(部)高橋学、(監)塚田博。。※誤字脱字訂正加筆  j staff@cna.ne.jp

BALL PARK AKITA/ 20世紀の思い出 野球部あるある 秋田県立秋田西高校。

詳細は <BALL PARK AKITA> にて
25594062_1936483963337414_4537206051908231588_n


鷲谷亘 こっそり覚える野球審判/秋田に移転しても従来通り宜しくお願い致します。

登校中の中学1年生はねられ重傷、仙台西野球部監督逮捕 「ぼーっとしていた」。

hushouzian<新聞報道> 12月20日午前6時半ごろ、仙台市太白区鈎取3丁目の市道交差点で、登校中の同区の中学1年の男子生徒が乗用車にはねられた。男子生徒は全身を強く打ち、骨盤を折るなど重傷。命に別条はないという。仙台南署は自動車運転処罰法違反 (過失運転致傷) の疑いで、泉区東黒松、仙台西高教諭 嘉藤敏之容疑者 (48) を現行犯逮捕した。同署によると、現場は信号機のある十字路交差点。横断歩道を西に渡っていた男子生徒が南進してきた乗用車にはねられた。同容疑者は 「ぼーっとしていた」 と話しているという。宮城県教委は 「事故を重く受け止めている。被害者の一日も早い回復を祈るとともに、警察の捜査を待って対応を検討する」 との考えを示した。

BALL PARK AKITA / 野球から学んだこと生徒に伝えたい 大曲 藤田隼平投手。

兄 藤田航平選手(中仙) 角館高校で甲子園出場
詳細は <
BALL PARK AKITA> にて
huzi
BALL PARK AKITA より転載 (画像/保護者提供)
046

紙媒体 「熱球通信」 リレートーク(平成 7年~平成11年) 現役選手・OB・指導者。

堀内清美選手(大館鳳鳴-鷹巣)熱球通信(平成11年9月)より転載
Scan10001

BALL PARK AKITA / 大学進学し野球継続 秋田修英高校 吉田愁投手(山王)。

詳細は <BALL PARK AKITA> にて
kiti
BALL PARK AKITA より転載 (画像/保護者提供)
ta

ヤクルト石川雅規投手 6000万円減の年俸1.2億で更改「来季は勝ち負け逆に」。

kawa

2017(平成29年)シーズン/ 11連敗を喫して苦しい1年 ベテラン石川雅規投手。

841d59b2日刊スポーツ / 石川の16年目は4勝14敗。現役最多の通算156勝を挙げている石川にとって苦しい1年だった。11年高崎 (横浜=5勝15敗) 以来の2桁借金を喫し、14敗はリーグワースト。4勝以下でリーグ最多敗戦は、09年にセ・リーグのグリン (横浜) とパ・リーグの渡辺俊 (ロッテ) 小林宏 (ロッテ) が記録して以来、12人目。現役最多勝利の投手がリーグ最多敗戦を記録するのは、現役最後の55年に21敗した通算303勝のスタルヒン (大映) 以来、62年ぶりの珍しいケースだ。5月24日広島戦から11連敗でシーズンを終了した。シーズン2桁連敗は16年東明 (オリックス=10連敗) 以来22人、24度目だが、10連敗した投手は実績のない若手が多い。通算50勝未満の投手が14度記録しており、通算100勝以上で2桁連敗は66年にプロ野球記録の15連敗した梶本 (阪急) 以来、51年ぶり4人目。37歳シーズンに2桁連敗は51年笠松 (広島) の35歳シーズンを上回る最年長記録となった。最年長で2桁連敗を喫した石川だが、10年には11連勝をマーク。国鉄時代に11連敗した通算400勝の金田や通算254勝の梶本は10連勝しておらず、シーズン2桁連勝と2桁連敗の両方を記録した投手はプロ野球史上初めてだ。成績は悪かったものの、今季も23試合すべて先発した。これで09年4月3日阪神戦から230試合連続先発となり、連続試合先発記録は山内 (阪神) 三浦 (DeNA) に次いで3位に進出した。石川のリリーフは過去に15試合しかなく、通算427試合のうち412試合が先発。400試合以上先発は20人いるが、そのうち大卒の投手は高橋直 (巨人=404試合) と石川だけ。大卒では高橋直を抜いて最多先発となった。先発にこだわってきた石川の復活に期待したい。【伊藤友一】 ▼ヤクルトは球団ワーストの96敗で最下位。シーズン96敗以上は05年楽天の97敗以来9度目で、セ・リーグでは99敗した55年大洋以来、62年ぶり。5~6月に10連敗、7月に14連敗を喫し、シーズン2度の2桁連敗は70年以来、球団史上3度目の屈辱だった。ホームでは30勝40敗2分けの勝率4割2分9厘に対し、ビジターは15勝56敗の勝率2割1分1厘。ビジターの同一カード2連戦、3連戦は23度あったが、8度の0勝3敗を含む22度が負け越し。敵地の連戦で勝ち越しは5月16~18日、東京ドームで2勝1敗だった巨人戦の1度しかなかった。

朝日新聞バーチャル高校野球/夢に向かって諦めない 森川のどか さん(モデル)。

morihttp://www.asahi.com/koshien/articles/ASKD7562ZKD7UBUB00M.html 金足農でマネジャーをしていました。入部のきっかけは友達の誘い。最初は、二塁手と遊撃手の違いすらよくわかりませんでした。部室で試合の映像を見ながら、何度もスコアを書いてルールを覚えました。お茶作り、ユニホーム洗濯、折り鶴……。マネジャーの仕事は様々です。特に球場でのアナウンスは、夕食後に両親の前で練習しました。選手は平日は朝5時に集合し、土曜や日曜も練習。ヘトヘトになるまでしごかれていました。でも、甲子園という目標があるから、みんなで楽しくやれていました。一番の思い出は、3年夏の秋田大会準々決勝です。相手はその大会で優勝した能代商。グラウンドの砂を入れたマネジャー手作りのお守りを手に、スタンドから応援しました。五回裏に金足農が先制すると大騒ぎ。直後に逆転され、また追いつき、みんなで一喜一憂。最後まで諦めませんでした。敗退が決まり、悔しさと感動が入り交じり、涙が止まりませんでした。その後は盛岡市の専門学校で美容を学びました。学内のファッションショーでモデルをやり、小さいころに憧れていた芸能人の仕事の楽しさに気付きました。卒業後、受付の仕事などに就きましたが、どうしてもモデルを諦めきれずに事務所に応募しました。モデルの仕事は楽しいですが、収入面は安定していません。モデルウォークがうまくいかない時など、くじけそうになる。そんなとき、マネジャー時代の帽子やお守りを取り出します。夢に向かって頑張っていた当時を思い出し、気持ちを奮い立たせます。昨年あった東北全体のイベントのモデルに、3回目の応募でようやく選ばれました。活躍の場を広げ、色々な人に一歩踏み出す勇気を与えられるようなモデルになりたいです。(聞き手・神野勇人)

平成22年度 秋田県立金足農業高校野球部 3年生登録選手(熱球通信把握分)。

mori<平成22年度 秋田県立金足農業高等学校野球部3年生>加藤健(男鹿東)、高橋空(阿仁)、武田玄太(土崎)、田口晃大(羽城)、石川翔太(羽城)、伊藤柊人(男鹿東)、○加藤介馬(大潟)、高橋孝輔(井川)、進藤大地(羽城)、沼田陽平(天王南)、小松弦矢(仙北)、藤原和孝(秋田北)、三浦一夢(井川)、湊佳之(井川)、籾山拓也(男鹿南)、佐藤優樹(秋田東)、森川のどか、藤原唯、<責任教師> 尾形徳昭、<監督> 嶋崎久美。※誤字脱字訂正加筆  j staff@cna.ne.jp

ヤクルト 石山泰稚投投手(ヤマハ-東北福祉大-金足農-山王)1700万増で更改。

isi

2017(平成29度) 秋季高等学校野球宮崎県大会優勝 延岡学園 三浦正行監督。

BALL PARK AKITA/ 20世紀の思い出 野球部あるある! 秋田県立西目高校。

詳細は <BALL PARK AKITA> にて
nisime

プロ野球選手に挑戦 / キャッチボールクラシック in 秋田 大館市地区代表決定戦。

平成29年10月29日() 17:00~ ニプロハチ公ドーム
(小学生・中学生・一般)
http://jpbpa.net/classic/rule.html
clasic

スポニチ紙より/まだ実力が足りない… 「2年後」 を目指す富士大・小林遼の選択。

ryou<スポニチアネックス> https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171217-00000079-spnannex-base 大卒でプロに行くか、2年間社会人で鍛えてから挑戦するか--。富士大で正捕手を務め、侍ジャパン大学代表にも選出された小林遼(4年)が悩んだ末に出した答えは、後者だった。「プロ志望届を出すには、まだ実力もメンタル的にも足りないと思った。でも、僕は2年後のプロを目指さないといけない立場だと思うし、そこを目指さないと自分自身が成長しない」1メートル73と捕手としては小柄だが、正確なキャッチングと頭脳的なリードが持ち味。仙台育英時代はソフトバンク・上林、そして来季阪神入りする馬場(仙台大)と熊谷(立大)と同期で、3年春のセンバツでは8強入りした。進学した北東北大学野球リーグの富士大では1年秋から定位置を獲得し、今季は主将としてリーグ8連覇に導いた。11月の明治神宮大会は準々決勝で東洋大に1-9で敗退。先発した来秋ドラフト候補の最速149キロ左腕・鈴木翔天をリードしたが3回4失点でKOされ、救援陣も打ち込まれた。「鈴木は直球も走っていたし、全体的に調子は良かったが、勝負どころで甘い球を捉えてくる東洋さんの打線の方が上だった」。力の差を見せつけられての大敗。それでも在学中、一度も他校にリーグ王座を渡さなかった4年間を振り返り「頑張ってきてよかった」 と充実感も漂わせた。2学年上の多和田 (現西武)、1学年上の小野 (現阪神) とバッテリーを組んだことは大きな財産だ。「2人とも練習から凄く意識してやっていて、一球たりとも無駄な球がなかった。2人に引っ張ってもらい、成長させてもらった」。多くのことを学んだ先輩、そして上林ら高校の同期と2年後に同じ舞台に立つため、社会人で一回りレベルアップする。(記者コラム・原田真奈子)

富士大 小林遼捕手 (仙台育英-天王) 社会人JX-ENEOS経由でプロ入り誓う。 

スポーツ報知・野球取材班> https://twitter.com/hochi_baseball
ko

2014(平成26年度) 生保内公園野球場(田沢湖球場) 改修工事竣工記念試合。

obonaizindai秋田工 鈴木吟河選手(2、神代)平成29年全国高校駅伝大会登録。 【2014.5.03】生保内公園野球場改修工事竣工記念試合(5/03)。10:00~ 岩手県立久慈工業高校-秋田県立角館高校、13:30~ 仙北市立生保内中学校-仙北市立神代中学校。<生保内中>[投]鈴木健斗(3)、[捕]大石開仁(2)、[一]門脇将真(3)、[二]横田秀太(3)、[三]柏谷青龍(3)、[遊]○高橋夏南人(3)、[左]千葉了太(3)、[中]田口寛士(2)、[右]堀川凱斗(3)、阿部晴喜(3)、羽川翔斗(3)、吉田大成(3)、高橋瞭平(2)、能味淑人(2)、地主雄一郎(2)、田口瞭(2)、菅原翔(2)、[部]伊藤博幸、[監]佐藤公則。<神代中>[投]大沢和樹(3)、[捕]工藤壮(2)、[一]藤井駿矢(2)、[二]藤井翔(2)、[三]鈴木吟河(2)、[遊]○大石柊人(3)、[左]高橋修造(2)、[中]大山陽介(3)、[右]芳賀風斗(2)、三浦伸太郎(2)、藤井聖弥(2)、曾場達希(1)、佐々木剛(1)、高田京志郎(1)、樋口優輝(1)、藤井元輝(1)、藤本涼雅(1)、三浦優音(1)、[部]小松満、[監]武藤康司。

紙媒体 「熱球通信」 リレートーク(平成 7年~平成11年) 現役選手・OB・指導者。

本多高生選手(大館鳳鳴-大館一)熱球通信(平成11年8月)より転載
hon

昭和50年8月/ 第4回東北地区中学軟式野球大会 本荘市立本荘南中学校優勝。

4touhokuchuuchuugaku【2016.5.13】中学時代に野球部のチームメートだった村岡敏英衆院議員は 「彼が故障のときは励まし、逆に私が落選中は慰めてくれた親友だった。国会が終わったら見舞いに行こうと思っていたのに…」 と死を悼んだ。<若鷲旗争奪第4回東北中学校野球大会 (昭和50年8月12日~、宮城球場) 本荘南中学校優勝、大曲中学校準優勝>[決勝]本荘南1-0大曲(延長10回押し出し、工藤幹夫投手24イニング無失点)、[準決勝]本荘南1-0弘前一、大曲1-0佐沼、[1回戦]本荘南3-0仙台一、大曲2-0喜久田。<本荘南中ベンチ登録選手>[投]工藤幹夫(3)、[捕]森川透(3)、[一]上原隆(3)、[二]保科政幸(3)、[三]○尾留川徹(3)、[遊]鈴木昭(3)、[左]菊地正和(3)、[中]斎藤潤(3)、[右]渡部浩孝(3)、小園(3)、小野晃(3)、丸山(3)、小野利(3)、渡部学(2)、斎藤一(3)、[部]長谷川達夫、[監]沢田宣夫。<大曲中ベンチ登録選手>[投]高橋和彦(3)、[捕]○斎藤頼太郎(3)、[一]藤井吉人(3)、[二]古屋司(3)、[三]伊藤利彦(3)、[遊]小西憲二郎(2)、[左]小松功司(3)、[中]桑島功(3)、[右]高橋和彦(2)、小松(2)、高橋良(3)、渡部(3)、児玉(3)、加藤(3)、[部]加藤尚、[監]後藤晃男。

秋田県人名録 / 秋田県赤根谷飛雄太郎様で郵便物届いた赤根谷飛雄太郎投手。

aka秋田コンマーシャルクラブの詳細情報求めています。【2014.3.15】3月14日、明桜八木茂新監督が初指導。秋田県でプロ野球経験者が高校野球を指導するのは急映 (東急、現日本ハム) に投手として在籍後、1950年代に秋田商監督を務めた赤根谷飛雄太郎氏以来2人目。【2010.4.10】大正5年1月5日~昭和44年8月22日、秋田県の高校野球はこの人抜きに語れないと言われています。元秋田商野球部監督。詳細 → 赤根谷飛雄太郎 「秋田県 赤根谷飛雄太郎 様」 で郵便物が届いた等逸話多数。
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
月別アーカイブ