★ 備忘録 「熱球通信」 ・ 特定非営利活動法人秋田県野球フォーラム ★

熱球通信は、NPO法人秋田県野球フォーラム会員有志による備忘録を兼ねた「秋田県野球」にこだわった私的ブログで、記録等については公式なものではありませんのでご注意願います。リンク等についてはオールフリーですので事前のメール等は一切不要です。、更新頻度は原則毎日ですが、秋田県出身で県外に在住の方も念頭に更新していますので、内容等一部については地元情報より遅れる場合があります。練習試合の結果情報は原則掲載しません。また、コメント送信欄と掲示板については諸般の事情により対応していません。中学硬式野球・女子野球の紹介に努めています。

2016年04月

2016(平成28年)春季秋田市内高校野球リーグ戦 秋田中央-秋田商 (八橋球場)。

2015410

2016(平成28年) 秋田工 高田環樹、秋田中央 佐藤幸彦、秋田 伊東裕新監督。

takadasatouitou

2016(平成28年)春季秋田市内高校野球リーグ戦 秋田工-秋田中央 (八橋球場)。

20160409-3

2016(平成28年度)春季秋田市内高校野球リーグ戦 秋田-秋田南(八橋球場)。

20160409

日本野球機構 「壁当て遊び用の壁」 を寄贈する事業 「NPB未来の侍プロジェクト」。

秋田県羽後町3中学校(三輪、羽後、高瀬) 2016年春統合 新生 「羽後中」 誕生。

miwatakasesinseiugo新生 「羽後中学校」 で開校式。【2014.2.27】秋田県羽後町の羽後中(247人)、三輪中(123人)、高瀬中(50人)の3校が少子化に伴う町内の再編計画により1校に統合される見込みに。【2013.12.27】秋田県八峰町の八森中(104人)と峰浜中(96人)、水沢小(96人)と塙川小(59人)が早ければ2016(平成28年度)にも統合する見通しに。【2013.11.30】男鹿市教育委員会は、2014(平成26年)4月に鵜木小(47人)と五里合小(43人)を統合することに決定(校舎は鵜木小活用)。当初は野石小(53人)を含めた3校による統合を目指していたが、同校の保護者の合意が得られなかったため2校を先行統合することにした。また、船川第一小と船川南小の来年4月の統合は船川南小の合意が得られなかったため見送りに。【2013.11.17】由利本荘市 道川、松ヶ崎、亀田 2014年度に統合し岩城小学校。【2012.2.27】 秋田県内の公立小中学校は、2012(平成24年度)に6市1町で学校統合を実施するのに伴い、373校(分校含む)から14校減少し、359校に。5年前の2007(平成19年度)に比べると小中学校会わせて58校減少。県内の平成23年5月1日現在の児童生徒数は78,751人で一昨年より2,047人減少、5年前に比べると11,790人減少。【2012.1.20】秋田県潟上市<昭和地区>の大久保小と豊川小が統合し、2012(平成24年)4月から 大豊小 としてスタート。豊川小の現在の生徒数は43人で統合後の生徒数は312人となる見込み。その他では、大館市 東館小、大葛小 → 東館小、北秋田市 合川南小、合川西小 → 合川小、秋田市 太平小、山谷小 → 太平小、美郷町 六郷中、千畑中、仙南中 → 美郷中、横手市 雄物川中、大森中、大雄中 → 横手明峰中。【2012.01.19】秋田県大仙市<西仙北地区>の刈和野小、土川小、双葉小、大沢郷小が統合し、2012(平成24年)4月から 西仙北小 としてスタート、新校舎は現刈和野小校舎を使用。 ※秋田県大仙市平成24年度開校予定、・<神岡地区> 神宮寺小、北神小 → 神岡小、・<南外地区> 南楢岡小 南外西小 → 南外小、・<西仙北地区> 西仙北東中、西仙北西中 → 西仙北中

2016(平成28年) 高校野球振興練習試合 大館鳳鳴-花巻東 (大館樹海ドーム)

homeihanamaki

ロッテ春季キャンプ 木村優太(秋田経法大付) 成田翔(秋田商)投手 2軍スタート。

CZDofdoUMAA1aHw<スポーツ紙> ロッテドラフト3位ルーキー成田翔投手(18、秋田商-秋田東)が4月5日、2軍で初登板(ロッテ浦和球場)。若手による混成チームのフューチャーズを相手に先発、3回を2安打1失点。「登板30分前から緊張し始めた。甲子園より緊張して、球が高く抜けてしまった」 と、制球が定まらず1点を失った初回を悔やんだ。売りである投げっぷりの良さもこの日は鳴りをひそめ 「腕が振れてない。自分の持ち味が発揮できなかった」 と振り返った。 【2016.4.01】ロッテドラフト3位成田翔(18、秋田商)と同4位東條大樹投手(24、JR東日本)が4月5日のチャレンジマッチ・フューチャーズ戦(ロッテ浦和、13:00~)で実戦初登板をすることに、成田は先発、東條は中継ぎ登板を予定。成田翔投手 「楽しみです。とにかくしっかりと腕を振って、気持ちで投げたいと思います。どんどん押していく投球が出来ればと思います」。 【2016.1.25】ッテは1月25日石垣島キャンプの1、2軍メンバーを決定。新人では、ドラフト1位平沢大河内野手(18、仙台育英)と2位関谷亮太投手(24、JR東日本)が1軍スタート。<1軍> ▽投手 大嶺祐、石川、大谷、関谷、涌井、内、古谷、松永、西野、南、川満、イ・デウン、香月良、黒沢、田中靖、チェン、益田、スタンリッジ、阿部、二木、▽捕手 吉田、田村、江村、▽内野手 高浜、根元、鈴木、平沢、ナバーロ、中村、三木、大嶺翔、細谷、青松、▽外野手 清田、伊志嶺、角中、加藤、岡田。<2軍> ▽投手 藤岡、唐川、東條、伊藤、田中英、木村優太、吉原、成田翔、岩下、宮崎、信楽、原、高野、金森、▽捕手 金沢、寺嶋、肘井、柿沼、▽内野手 井口、福浦、大松、井上、香月一、大木、▽外野手 サブロー、荻野、脇本。

<平成26年~ 球通信期待選手> 秋田県立角館高校 相馬和輝投手(3、平和)。

souma1+2東都大学春季リーグ戦対国学院大で神宮デビュー、2/3回、打者2、球数14、被安打0、四死球0、三振1、自責点0。2014.12.04】東都大学リーグ亜細亜大学スポーツ推薦入試合格。【2014.8.22】8月20日ディリースポーツ紙紹介、昨年秋からセンスのいい投手がいると聞いていたが、今大会で全国的にベールを脱いだ。真っすぐは常時143キロ前後、変化球に緩急を付けながら両コーナーにバランスよく投げられる。一番の魅力は投球フォームがスムーズで、球筋が安定しているところ。また、ツーシームを投げる際に人さし指をひねったりかけたりして、内外角にボールを動かせる。指の感覚の良さは、プロで備わっていなければいけないポイント。それをすでに持っている逸材。【2014.8.16】平和中時代は投手経験もあったが主に捕手兼遊撃手。秋田市内の高校への進学も考えたが、監督に勧められた角館高校に進学。入部直後に 「投手をやりたい」 と湯沢監督に直訴して本格的に投手専念。<8月16日、全国高校野球選手権大会2回戦 : 角館1-6八頭、紙面より紹介>角館はエース相馬和輝(3年)が中盤につかまった。5回に暴投もあってピンチを背負い、勝ち越し打を浴びる。6回は4長短打で3点を奪われ降板した。春夏通じて初出場のチームを勝利に導けず 「無駄な力が入って球が浮いてしまった。メンタルの弱さが出てしまった」 と大粒の涙を流した。自己最速の143キロを出すなど随所で光る投球も見せた。大学に進む予定(東都大学リーグ希望)という右腕は 「目標はプロ野球選手。しっかり練習して上で通用する投手になりたい」 と飛躍を誓った。平成23年夏 大仙市立 平和中学校 登録選手、[投]○伊藤聡(3)、[捕]相馬和輝(3、北神)、[一]照井大生(3)、[二]小林陽介(3)、[三]細谷優(3)、[遊]武藤大成(2)、[左]工藤嘉晃(3)、[中]湊谷春紀(3)、[右]佐藤慎太朗(3)、大友健寛(3)、安齋快人(3)、伊藤幸輝(3)、佐藤真也(2)、石山陸(2)、齊藤樹(2)、河道恵太(2)、小林蓮(2)、京極俊介(2)、菊池竜虎(1)、高橋慶人(1)、[部]畠山剛、[監]菅原和仁、[記]渡辺怜(1)。

チャンスを掴み続けてきた男 砂田毅樹投手(DeNA、札幌伏見) 明桜に進学の理由。

sunadahttp://baseballking.jp/ <ベースボールキング> (略) そして中学時代の札幌南シニアを経て、秋田県の明桜高校へ進学。もともと道外に出たいと考えていたからだが、その理由が明快だ。「(本州と海を隔てた) 北海道にいても目立たないかなという思いがあって……。北海道は土地が広くて高校が分散しているので、自分の行った学校が甲子園に行ける確率もすごく低い。野球を始めた頃からプロはずっと意識していましたし、他の職業につこうと思ったこともありません。プロに行くためには名前を売らなきゃと思っていたので、秋田を選びました」。明桜高校への進学は、プロ野球選手というゴールへ向かって自ら踏み出した一歩だった。そして砂田は、いつからか “東北のナンバーワン左腕” と呼ばれるようになり、「名前を売る」 という目論みは成功する。だが、名前を全国に売るはずだった甲子園には手が届かなかった。最後の夏は、県大会の準々決勝で惜敗。砂田はこの一戦を 「高校時代で最も心に残っている試合」 だというが、それは悔しさゆえではない。「エラー絡みで失点して、こちらも3安打しか出なかったので負けて当然だったかなとは思います。でも、この試合ほど自分の思った通りに投げれた試合はないんです。自分のピッチングスタイルが確立した。そう感じられるような投球ができました」。きっかけは中盤の失点だった。不思議と力みが消え、球速も落ちたが、結果として7回以降は誰ひとり出塁を許さなかった。「ただ力んで思いっきり投げればいいというわけでもなく、どれだけリラックスしてキレのあるボールを投げられるかが大事なんだって。それが分かった試合でしたね」。砂田は迷わずプロ志望届を提出。 (略)。

2016(平成28年)宮城県知事杯第12回中学生軟式野球春季白石大会(4/2~)。

平成28年 第12回中学生軟式野球春季白石大会(4/2~、益岡公園ほか)
優勝 秀光中(宮城)、準優勝 上北中(青森)、3位 遊佐中(山形)
4/2 9:00~ 象潟中-中田中(益岡公園)、横手南中-富田中(東中G)

2016siroisi

<秋田県外で頑張る期待選手> 花巻東 小林大那選手(3、大潟中で全県大会出場)。

kobayasi平成24年9月第10回東北少年軟式野球新人大会優勝 「男鹿潟上南秋選抜」 メンバー秋田県大会初戦で平鹿中に1-2で惜敗、平成25年夏大潟中登録選手、[投]○小林大那(3)、[捕]山本亜輝人(3)、[一]佐々木幸太(3)、[二]坂口大征(3)、[三]角田太一(3)、[遊]畠山敦(3)、[左]高橋昌平(3)、[中]佐藤裕亮3)、[右]池端虎之介(3)、藤村知輝(2)、三浦健太(2)、斉藤壮(2)、加藤空太(2)、下間颯太(2)、三浦凌一郎(1)、安東謙真(1)、矢久保展(1)、大澤陽平(1)、佐々木泰生(1)、遠所泰良(1)、[部]加藤和彦、[監]鷲谷衛、[記]角田司(1) ※全員大潟小。

平成28年5月25日(水) 午前0時~午後9時 笹川スポーツ財団 「チャレンジデー」。

sagawa

東陵高校(私、気仙沼市)の経営を学校法人翔凜学園に移譲 生徒数減で財政難。

toryo<新聞報道> 東陵高校(気仙沼市、251人)を運営する学校法人畠山学園が、学校法人翔凜学園(千葉県君津市)に同校を含む法人経営権を4月1日付で移譲したことが分かった。東日本大震災の影響などから生徒の確保が難しくなり、財政難に陥った。校名変更や教職員33人の異動はなく、本年度の授業に影響はないとしている。3月23日に開いた理事会で決定し、同31日に保護者説明会を開いた。東陵高は1983(昭和58年)開校、気仙沼本吉地区で唯一の私立校で、春夏の甲子園に1回ずつ出場した。生徒確保の面では、少子化の影響で震災前から定員(1学年120人)を割り込む状況が続き、震災後の人口流出で状況が悪化(平成26年3月系列校気仙沼女子高閉校)。翔凜学園は千葉県君津市で翔凜中学(90人)、高校(200人)を運営。

平成28年 高校野球振興練習試合(ドームベースボールプロモーションプロジェクト)。

平成28年度 高校野球振興練習試合(4/01~、大館樹海ドーム)
試合結果 大館鳳鳴41期的 「ほうめい41」 http://blog.canpan.info/homei41/
秋田県外招待校 青森、弘前学院聖愛、久慈、高田、花巻東、盛岡大付、山形中央
dome

秋田高校 佐藤幸彦監督(東京学芸大-秋田-城東) 定期人事異動で秋田中央へ。

佐藤結夏 https://twitter.com/YUIKA718
akita

秋田県湯沢市 懐かしの旧湯沢市営球場(秋田県立湯沢翔北高校野球部グランド)。

「今を全力で」 http://jh7bds.jp/blog-entry-2502.html
とにかく古さが印象的だった球場、県所有旧湯沢商工高校Gと等価交換
yuzawasiei

2016(平成28年) 第2回ゼビオドリームカップ 全国各地で参加チームを募集中です。

https://xebiodreamcup.com/
国内すべての軟式野球チームを対象としたオープントーナメント大会
xebio

2015(平成27年度) 春季秋田県南地区高校野球大会 秋田修英-横手(大曲)。

平成28年度 秋田修英 「熱球通信期待選手」 多数入学
平成27年 春季秋田県南地区高校野球 秋田修英-横手(大曲球場)
2015yokoteshuuei

2016(平成28年)3月 青森大 児玉威吹投手 (1、明桜-井川) 巨人3軍1回完全。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日: