★ 備忘録 「熱球通信」 ・ 特定非営利活動法人秋田県野球フォーラム ★

熱球通信は、秋田県野球フォーラム会員有志による備忘録を兼ねた「秋田県野球」にこだわった私的ブログで、記録等については公式なものではありません。リンク等オールフリーですので事前のメール等一切不要です。、更新頻度は原則毎日ですが、秋田県出身で県外に在住の方も念頭に更新していますので、内容等一部については地元情報より遅れる場合があります。練習試合の結果情報は原則掲載しません。また、コメント送信欄と掲示板については諸般の事情により対応していません。中学硬式野球・女子野球の紹介に努めています。

2014年12月

巨人編成調査室職員水沢薫元投手(秋田商-秋田北) 都内の病院で死去。

mizusawa

2014(平成26年) 春季シーズン 東都大学野球連盟秋田県関係登録選手。

2014touto中央大学山口瑛内野手(横手-金沢)、平成27年4月太陽生命入社予定(野球競技からは引退)、駒沢大学鎌田龍政学生コーチ(横手-大曲西)は公務員志望。<青山学院大>14高橋京介(3、投、本荘-本荘東、176/82、左左)、19近藤卓也(2、投、秋田商-琴丘、185/83、右右)、30齋藤崇徳(2、外、秋田中央-井川、185/81、右右)、<亜細亜大>藤峯開(4、主務、秋田南-河辺)、遠藤良平(4、捕、本荘-本荘北、190/93、右)、<國學院大>斉藤悠哉(1、内、秋田商-雄和、185/81、右右)、半田洸(3、外、能代-二ツ井、172/77、右左)、<駒沢大> 鎌田智海(2、投、駒大苫小牧-大曲西、181/76、右右)、鎌田龍政(4、学コ、横手-大曲西)、<拓殖大>岡本悠(2、内、能代-八森、172/68、右左) 、<中央大>山口瑛(4、内、横手-金沢、172/76、右左)、<専修大>50齋藤正直(監督、秋田-山王)、<日本大>15岡本大(3、投、本荘-本荘東、174/73、右右)、<立正大>12柳田一樹(2、内、秋田商-中仙、168/66、右右)、杉谷汰一(1、外、秋田商-能代二、170/73、右左)、<順天堂大> 村山悠(3、内、横手-湯沢北、177/67、右左)、<成蹊大> 鷹島輝彦(3、投、本荘-西目、181/78、右右)。

NPB 12球団ジュニアトーナメント ENEOS CUP 2014(12/28~、ヤフオクドーム)。

試合結果勝敗表 / http://www.npb.or.jp/junior/2014result.html

2014tournament

巨人編成調査室職員水沢薫元投手(秋田商-秋田北) 都内の病院で死去。

mizusawmizusawa【2014.1.16】巨人職員だった水沢薫氏の通夜が2014(平成26年)1月16日新横浜総合斎場で。巨人原監督が球団を通してコメント(全文)。 「水沢君は厳しい闘病生活の中で、必ず復帰するという希望を持って頑張ってきていました。急な訃報を聞き、残念でなりません。よい友であり、戦友でした。思い出をたくさん作ってくれました。ご冥福をお祈り申し上げます」。【2014.1.10】元巨人軍投手で、球団の編成調査室職員を務めていた水沢薫氏(48、河合楽器-秋田商-秋田北)が、2014年(平成26年)1月10日午前0時22分、肝不全のため都内の病院で死去。水沢投手は1965年2月18日生まれ、秋田市出身、1986年ドラフト2位で巨人に入団。1992年に現役を引退後、1995年から2006年まで巨人のトレーニングコーチを務めた。その後ジャイアンツアカデミーのコーチを経て、2008年から運営部1軍監督付となり、原監督のサポートに尽力。世界一となった2009年のWBCにも帯同。秋田県人らしい温厚で誠実な人柄で、原監督からの信頼が厚く、選手・関係者からも同様に慕われていたが、体調が優れないこともあり2013年に現場を離れていた。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E6%B2%A2%E8%96%AB

巨人編成調査室職員水沢薫元投手(秋田商-秋田北) 都内の病院で死去。

mizusawa<昭和57年夏 秋田商 登録選手> [投]戸嶋治(2、大曲)、[捕]○高橋明(3、羽城)、[一]藤井利典(2、大曲)、[二]進藤進(2、秋田北)、[三]河村清春(3、城南)、[遊]杉山信哉(3、二ツ井)、[左]鎌田勝(3、羽城)、[中]武藤勇人(2、大曲)、[右]今喜寿仁(3、平和)、水沢薫(3、右右、181/75、秋田北)、佐藤猛広(2、秋田北)、戸嶋浩治(2、払戸)、粟津敦(2、大曲南)、三浦敏雄(3、船川)、久米義人(3、鳳)、工藤智之(2、秋田西)、[責]登利谷重郎(54)、[監]三浦第三(41)。

元秋田県立能代高校監督 太田 久 氏(77) 肺がんのため能代市内の病院で死去。

oota元能代高校野球部監督の太田久氏(77)が2014(平成26年)1月23日午前8時18分、肺がんのため能代市内の病院で死去、喪主は妻和子さん。1961(昭和36年)に母校能代高校野球部監督に就任。1963年夏、後にプロ野球入りした簾内政雄投手を擁して初の甲子園出場、1977、78年の夏には甲子園連続出場。教え子にはプロ通算284勝山田久志氏(野球殿堂入り)、大沢勉氏らがいる。<昭和52年夏甲子園出場 能代高校 登録選手> [投]高松直志、[捕]東海林憲昭、[一]平川浩司、[二]佐藤明彦、[三]菅野政喜、[遊]佐藤弘人、[左]石井温志、[中]平川晃一、[右]佐藤哲士、大谷幸一、大友尚樹、市川基、田口清司、近藤亮悦、[責]金谷晴隆、[監]太田久http://www.hokuu.co.jp/2010koramu/0729kousiennto.html

元秋田県立能代高校監督 太田 久 氏(77) 肺がんのため能代市内の病院で死去。

hisasioota

茨城県立太田第一高校野球部で監督が2年生部員に40分間正座を強要。

hushouzian茨城県立太田第一高校(常陸太田市)で、野球部監督(48)が部員に正座を強要していたことが2014(平成26年)12月26日明らかに。同校では行き過ぎた指導の可能性もあるとみて調査。 同校の説明によると、8月上旬、他校との練習試合の際に約40分間、エラーの原因を問いただすため、2年生部員1人に正座を強要したとされる。今月になり、保護者から茨城県教育委員会に 「不適切な指導があるので調べてほしい」 と相談があり、1~2年生の部員全員にアンケートを実施し、監督の言葉に傷ついたと回答する部員も複数いた。同校は監督に対し練習へ参加しないよう指示し茨城県県高野連にも報告。

<熱球通信期待選手> 東都大学リーグ亜細亜大 遠藤良平捕手(本荘-本荘北)。

honjo平成27年4月、株式会社ドームヒューマンキャンパス入社予定(野球競技からは引退)。http://dhc.domecorp.com/ 【2012.8.29】平成21年秋季東北大会(青森県)で青森私学2強を下しての4強進出に貢献、熱球通信期待の大型捕手。<3年生> 斎藤滉季(象潟)、佐々木諒頌(本荘東)、佐々木源(本荘東)、佐藤由崇(矢島)、玉米将平(象潟)、稲垣亮典(本荘南)、遠藤良平(右右、190/92、本荘北)、茂木祥(矢島)、畑中貴哉(象潟)、木村卓真(本荘南)、○佐藤修兵(本荘北)、佐々木将人(東由利)、佐々木廉(本荘南)、植田晋也(岩城)、佐々木朋紋(本荘北)、仙波直希(西目)、須藤大稀(本荘南)、金啓太(本荘北)、黒木航(本荘東)、梶原裕作(西目)、佐々木克、佐藤龍道(本荘南)、<責任教師> 安保天志、<監督> 尾留川徹。

東都ベースボール 2014(平成26年)秋号 (東都ベースボール編集局、Take Free)。

2014akitouto亜細亜大藤峯開主務、平成27年4月情報資産管理事業株式会社ワンビシアーカイブズ入社予定。 http://www.wanbishi.co.jp/ 【2014.11/06】東都ベースボール2014秋号、主務・マネジャー特集頁、亜細亜大/藤峯開。<平成22年度秋田南高校野球部3年生> 斉藤崇朗(雄和)、加賀谷吉孝(将軍野)、今野竣介(勝平)、安宅健太(秋田西)、佐々木太洋(太平)、佐藤勇佐(外旭川)、高橋梓(御野場)、富樫正貴(城南)、藤峯開(河辺)、伊藤広大(羽城)、中川至(土崎)、三浦広樹(御所野学院)、○荒川裕幸(桜)、東海林隼人(秋田西)、山方滉(泉)、目黒信吾(男鹿南)、沼田涼太(天王)、山岡優吾(下浜)、浅井康児(男鹿北)、櫻庭悠佑(天王)、佐々木雄吾(御野場)、加藤拓哉(御野場)、藤島弘行、伊藤麻里子、三浦奈月、[責] 久米信彦、[監] 野中仁史。

2014(平成26年)第7回秋田県地区選抜大会兼第3回タケハンカップ(スカイドーム、樹海ドーム)。

第7回秋田県地区選抜大会兼第3回タケハンカップ(あきたスカイドーム、大館樹海ドーム)
<決勝> 能山オールスターズ4-3由利本荘ゴールデンボンバー
<3位決定戦> 秋田市5-0大館、<準決勝> 能代山本5-1秋田市、由利本荘10-1大館2014gakudousenbatu

1963(昭和38年)第35回センバツ大会初出場大曲農業高校 根本幸蔵野球部長。

inmeiroku大曲農がセンバツ大会に初出場(初戦で亨栄商に敗退)を果たした時の野球部長、秋田県高野連副会長歴任、2014(平成26年)12月1日死去、87歳。平成3年8月25日発刊秋田県高等学校野球史 「翔球」 の編さんにも尽力。編集委員会委員長:佐藤巌(元秋田県高野連会長)、編集委員:根本幸蔵(元秋田県高野連副会長)、安杖正昭(前秋田県高野連理事長)、杉淵匡(元秋田県高野連理事)、松江長城(元秋田県高野連理事)、畠山貞蔵(元秋田県高野連理事)、豊島君男(秋田県高野連理事長)、竹内一朔(元秋田県高野連理事)、事務局:浅利吉晴(秋田県高野連理事)、須藤正直(元秋田県高野連理事)、藤村貢(秋田県高野連理事)。

日本野球機構(NPB)野球指導者スキルアップ講習会(2/07、新潟市会場)。

koushuukai日本野球機構(NPB)は2014(平成26年)12月25日、来年2月7日に新潟市内で侍ジャパンのコーチ陣ら日本代表経験者が講師を務める 「野球指導者スキルアップ講習会」(新潟会場)の受講者の募集を開始。小、中学生の指導者(主に軟式野球)を対象に、野球技術からけが防止まで、幅広い知識について学べる。今回で3回目の開催、今季限りで現役を引退した元ロッテ里崎智也氏も講師として参加。http://www.japan-baseball.jp/

2014(平成26年) 学童野球BIGWESTCUP北東北選抜チーム秋田県関係推薦選手。

間杉豊夢(投手、岩城)、今野竣太(内野手、岩城)、佐々木大地(投手、湖北)、落合翠陸(捕手、湖北)

平成26年12月22日秋田さきがけ新報 2014秋田この1年 「高校野球 県南旋風」。

20141222

2014(平成26年) 全国高校駅伝大会出場 (男子)秋田工業高校、(女子)花輪高校。

koukouekiden男子・秋田工が過去最高の4位入賞、女子・花輪は過去最高の12位。 2014.120】男女共に上位入賞ライン混戦必至、秋田県勢、入賞ライン到達には前半の貯金が必須。 ttp://www.koukouekiden.jp/  秋田工は11月の東北大会で2006年に秋田工が都大路でマークした2時間6分12秒(8位入賞)の 県高校記録を48秒上回る2時間5分24秒で優勝。 8月のインターハイで積木悠也が3000m障害で全国2位、10月の長崎国体で、湊谷春紀主将が少年男子A 5000mで全国3位。【2014.11.11】高校女子駅伝の出場校が出揃いました。花輪高校は全体で7番目のタイム。秋田県女子勢最高順位、最高タイム、初入賞も狙えます。 【2014.11.07】男子第50回、女子第25回東北高校駅伝競走大会が11月6日、岩手県花巻市日居城野陸上競技場を発着点に行われ、各県予選上位男女各28校が出場。男女とも秋田県勢が制し、7区間42.195キロの男子は秋田工が2時間5分24秒で8年ぶり2回目、5区間21.0975キロの女子は花輪が1時間10分21秒で初優勝。

重松清原作 「アゲイン 28年目の甲子園」 2015(平成27年)1月17日公開。

againhttp://www.again-movie.jp/intro.html 重松清原作の小説を映画化した感動のヒューマンドラマ。かつての球児たちが甲子園に再挑戦する「マスターズ甲子園」を題材に、大人たちが野球を通して生きる喜びを再認識する姿を活写する。亡き友人の娘を役者やモデルとして活躍している波瑠が演じ、柳葉敏郎や和久井映見らが脇を固める。<柳葉敏郎、昭和36年1月3日、秋田県出身> 野球映画に出られたのでいつ死んでもいいです!久しぶりにメンバーが揃い、かつて同じ目標にしていた “甲子園”を目指すという、また新たな中年の青春を味わっています。

首都大学野球リーグ 筑波大学硬式野球部 佐々木将人主務(4、本荘-東由利)。

tukuba初めに、4年間皆様から多くのご声援・ご支援を頂き本当にありがとうございました。私たちが在籍した4年間では、"リーグ優勝"、"全国制覇"という大きな目標を成し遂げることはできませんでしたが、先輩方から私たちへ、私たちから後輩たちへと多くのものを託され、託すことのできた4年間だったのではないかと思います。個人的には、選手としての2年間はもちろんですが、マネージャーとしての2年間でこれまでとは違った立場を経験し、多くの方と関わらせていただいたことで、少し人間としても成長できたのではないかと思います。4年間、この仲間たちと野球が出来て本当に良かったです。この野球部での経験を、また今後に生かしていきたいと思います。私たちが成しえなかった目標は、後輩たちが引き継ぎ、達成してくれることと思います。皆様には、今後とも筑波大学硬式野球部への変わらぬご声援、宜しくお願い致します。

首都大学野球リーグ 筑波大学硬式野球部 佐々木将人主務(4、本荘-東由利)。

honjo平成21年秋季東北大会(青森県開催)で青森私学2強を下して4強進出。<平成22年度秋田県立 本荘高校 硬式野球部3年生> 斎藤滉季(象潟)、佐々木諒頌(本荘東)、佐々木源(本荘東)、佐藤由崇(矢島)、玉米将平(象潟)、稲垣亮典(本荘南)、遠藤良平(本荘北)、茂木祥(矢島)、畑中貴哉(象潟)、木村卓真(本荘南)、○佐藤修兵(本荘北)、佐々木将人(左翼手、右右、171/70、東由利)、佐々木廉(本荘南)、植田晋也(岩城)、佐々木朋紋(本荘北)、仙波直希(西目)、須藤大稀(本荘南)、金啓太(本荘北)、黒木航(本荘東)、梶原裕作(西目)、佐々木克、佐藤龍道(本荘南)、<責任教師> 安保天志、<監督> 尾留川徹。

日系人野球チームの奇跡 「バンクーバーの朝日」 2014(平成26年)12月20日公開。

asahiseihttp://www.vancouver-asahi.jp/ 1900年代初頭のカナダに暮らす日系人が、過酷な環境にあえぎながらも野球チームを結成、戦術やひたむきさでやがて白人に認められていくさまを実話を基に描くドラマ、第33回バンクーバー国際映画祭・観客賞。この実話を元にしたコミックス 『バンクーバー朝日軍』 (原秀則著、小学館)もすでに3巻まで発売中。

東都大学リーグ 専修大学野球部平成27年度入部予定秋田県関係選手。

sennshuu
佐々木貴弘
(投、右左、181/82、大曲工-西仙北東)、佐々木泰裕(投、甲、右左、181/79、秋田商-潟西)
夏井正文(捕、右右、175/81、秋田南-男鹿南)、鈴木翔平(外、右左、173/75、能代-山王)

元メジャーリーグトレーナー 山口元紀プロフェッショナルスポーツクリニック。

2014.12.20(土) 秋田テルサ、詳細/秋田みなみ整骨院 018-893-5533。
20141220

2014(平成26年) 第8回学童軟式野球全国大会ポップアスリートカップ(横浜スタジアム)。

2014(平成26年) 第8回学童軟式野球全国大会ポップアスリートカップ(横浜スタジアム)
岩城スパイラルズ野球スポーツ少年団 /
https://twitter.com/iwakibb
12/06 岩城スパイラルズ1-0富士見台ウルフ少年野球クラブ、1-3泉中山ドリームズ

2014iwaki

2014(平成26年) Jサンタクラブ広島大会2014 東北地区予選、東日本大会。

2014 Jサンタクラブ広島大会2014(マツダスタジアム) 東北地区予選、東日本大会
<東北地区予選> 石黒建設工業(秋田)7-0WILD CROWS、3-0JA岩手中央、7-1VTOP野球クラブ
<東日本大会> 石黒建設工業1-2札幌通運(埼玉県荒川総合運動公園)
http://pridejapan.net/system.cgi?code=result&taikaicode=2915 isikuro

全国選抜高校野球大会 「21世紀枠」 秋田県高校野球連盟各年度推薦校。

akita21suisen

2014(平成26年) 北東北学童選抜クラブチャンピオントーナメント(12/13~、青森県)。

2014(平成26年) 北東北学童選抜クラブチャンピオントーナメント
8:45~ 秋田中央選抜-五所川原市選抜(五所川原市つがる克雪ドーム)
11:45~ ひらかBBC-岩手県北選抜(五所川原市つがる克雪ドーム)      
13:15~ 岩城スパイラルズ-北つがる選抜(五所川原市つがる克雪ドーム)
13:15~ 秋田県北選抜-青森市選抜(東北町ふれあいドーム上北)
2014kitatouhoku

2014(平成26年)12月 日本学生野球協会審査室会議 高校処分案件。

hushouzian日本学生野球協会は2014(平成26年)12月11日、審査室会議を開き高校に関する不祥事の処分を決定。今年夏、甲子園に初出場した鹿屋中央(私、鹿児島)は、2年生部員5人が5月から約3カ月間、1年生部員1人に暴力を振るって退学に追い込んだとして、11月1日から6カ月の対外試合禁止に、さらにそれを学校に報告せず、9月の秋季鹿児島大会に出場(初戦で敗退)したとして、同校の部長と監督に11月2日から1年間の謹慎処分にした。
   <謹慎> 誤字脱字訂正 jstaff@cna.ne.jp
   ・鹿屋中央(私、鹿児島) 部長、監督 報告遅れ=11月2日から1年間
   ・瑞陵(県、愛知) 監督 部員への暴力と報告遅れ=10月24日から5カ月
   ・勝山(県、岡山) 監督 部員への暴力=11月11日から6カ月
   ・宮城県の審判員 同僚審判への暴力=11月12日から6カ月
   ・大産大付(私、大阪) 監督 部員への暴力と暴言=11月15日から6カ月
   ・大産大付(私、大阪) 部長 報告遅れ=11月26日から3カ月
   ・千歳丘(都、東京) 監督 部員への暴力=9月22日から6カ月
   ・岐阜第一(私、岐阜) 監督 部員への暴力=11月24日から3カ月
   ・聖望学園(私、埼玉) 部長 部員の喫煙の報告遅れ=12月5日から3カ月
   ・北照(私、北海道) 監督 部員への暴力=10月31日から3カ月間
   <対外試合禁止> 誤字脱字訂正 jstaff@cna.ne.jp
   ・鹿屋中央(私、鹿児島) 部員の暴力=11月1日から6カ月
   ・藤沢翔陵(私、神奈川) 部員の窃盗=11月5日から3カ月
   ・板橋(都、東京) 部員の窃盗と盗品授受=11月12日から3カ月
   ・白河総合支援(軟、市、京都) 部員の窃盗と盗品授受、喫煙=11月19日から3カ月
   ・B高校(A県、高校名非公表) 部員の窃盗と盗撮=11月30日から3カ月
   ・足立西(都、東京) 部員の部内暴力と喫煙=11月25日から6カ月

2015(平成27年) 第91回東京箱根間往復大学駅伝 山梨学院大 阿部竜巳選手 。

ugo<平成19年夏秋田県大会初出場 湯沢雄勝2区代表 羽後町立 高瀬中 登録選手> [投]武田智樹(2、仙道)、[捕]藤原洋(3、仙道)、[一]阿部凌平(3、田代)、[二]藤原大樹(3、仙道)、[三]柴田卓洋(3、田代)、[遊]○阿部竜巳(3、田代)、[左]今野徹(3、仙道)、[中]菅野雄大(3、仙道)、[右]茂木健(3、田代)、武田航(3、仙道)、柴田翔輝(3、田代)、武田群(2、仙道)、長谷山邦吉(2、田代)、畠山崇文(2、仙道)、大山裕太(1、田代)、佐藤周(1、仙道)、高橋武尊(1、仙道)、土田隆多(1、仙道)、藤原洪(1、仙道)、村上元樹(1、田代)、[責]須藤芳樹、[監]阿部信二、[記]武田ちなみ。

神宮初出場を目指す新潟医療福祉大学野球部(関甲新リーグ、群馬・新潟地区)。

yakyuukyoukahttp://www.nuhw.ac.jp/ <スポーツ紙紹介> 47都道府県で春センバツ大会初勝利が最も遅く、春夏勝利数も最も少ない新潟県(2009年夏日本文理準優勝など近年実力上昇中)の創部2年目新潟医療福祉大学野球部(佐藤和也監督、58、新潟明訓監督で春夏通算8回甲子園出場)が神宮初出場を目指している。練習環境は周囲に田畑が広がるキャンパス内に、神宮球場と同じプロ仕様の野球場や真新しい室内練習場を擁しており、部員約60人は2年生以下。 同大が参入する前は、県内で本格的に活動していたのは新潟大だけで、「大学野球では不毛の地」と言われていたが、近年は新潟市に本拠を置く社会人野球バイタルネットが日本選手権でも勝利しており、「明訓監督時代の信頼が大きい。大学の名前で選手を呼べるよう頑張りたい」、「強い大学があれば新潟で一貫指導できる。他県から球児も招いて中心的な役割も担いたい。地方から野球を興す」、「目指すのは仙台に選手を集めて、数多くのプロ選手を輩出した東北福祉大の日本海版」。昨秋からリーグ戦に参加し、今春のリーグ戦で2部に昇格。新潟明訓、作新学院、上田西などで甲子園を経験した選手も入部している。

平成26年12月8日付 秋田さきがけ紙紹介 猿田興業 伊藤樹希投手(秋田南-雄和)。

saruta秋田県軟式野球連盟強化Aランク指定。<平成26年度 猿田興業株式会社 登録選手> 渡辺拓(監、選手兼)、○小松大樹、滝沢英之、伊藤智史、川田貴明、中邑裕也、伊藤樹希(秋田南-雄和、右右、175/71)、佐藤光聡、関健太、安東尚輝、船木正弘、加藤幹康、佐藤慎吾、石山祐介、工藤和貴、山崎健斗、門脇佑真、佐藤裕貴、豊巻和将、[責]中村育馬。

2014(平成26年度) 秋田県高野連指導者講習会・監督会議 小野和幸氏がパネリスト。

kananou2014(平成26年)秋田県高野連指導者講習会・監督会議が秋田市内で開かれ。小野和幸氏(52、金足農-秋田北)、高橋功一氏(43、能代-鶴形)、 藤田太陽氏(35、新屋-飯島)の元プロ野球投手3氏がパネリストとして参加。<昭和55年春 秋田県立金足農業高校 登録選手> [投]小野和幸(3、右右、186/81、秋田北)、[捕]森田実(3、井川)、[一]鎌田清浩(3、男鹿東)、[二]浮田謙一(3、大潟)、[三]○渡辺亮(3、井川)、[遊]小野透(3、土崎)、[左]貝塚肇(2、男鹿東)、[中]吉田幸也(2、男鹿東)、[右]佐藤義広(3、大潟)、桜庭広喜(2、天王)、小野博(3、五里合)、進藤敬一(2、羽城)、千田正彦(2、八郎潟)、石川雅彦(3、大潟)、加藤憲人(3、大潟)、小野孝洋(2、八郎潟)、武田政紀(2、船川)、[部]神馬暹、[監]嶋崎久美、[記] 高橋昌章。

2014(平成26年度) 秋田県高野連指導者講習会・監督会議 高橋功一氏がパネリスト。

nosiro 12014(平成26年)秋田県高野連指導者講習会・監督会議が秋田市内で開かれ。小野和幸氏(52、金足農-秋田北)、高橋功一氏(43、能代-鶴形)、 藤田太陽氏(35、新屋-飯島)の元プロ野球投手3氏がパネリストとして参加。<平成元年夏 秋田県立能代高校 登録選手> [投]高橋功一(3、右右、183/80、鶴形)、[捕]敦賀鉄弥(3、能代一)、[一]中川信(3、東能代)、[二]長内隆(3、鶴形)、[三]菊池和仁(2、二ツ井)、[遊]大高純(3、能代二)、[左]渡部光明(3、山本)、[中]○児玉誠(3、能代二)、[右]安田幸道(3、山本)、成田裕幸(2、能代南)、工藤栄(2、八森)、小林武彦(2、峰浜)、安保天志(3、阿仁一)、須合亮(2、二ツ井)、大塚政徳(3、能代南)、菊池忠孝(2、二ツ井)、伊藤高洋(3、藤里)、[部]戸松恭一、[監]尾形徳昭 。

2014(平成26年度) 秋田県高野連指導者講習会・監督会議 藤田太陽氏がパネリスト。

araya22014(平成26年)秋田県高野連指導者講習会・監督会議が秋田市内で開かれ。小野和幸氏(52、金足農-秋田北)、高橋功一氏(43、能代-鶴形)、 藤田太陽氏(35、新屋-飯島)の元プロ野球投手3氏がパネリストとして参加。<平成9年夏 秋田県立新屋高校 登録選手> [投]藤田太陽(3、右右、184/78、飯島)、[捕]○鈴木賢治(3、飯島)、[一]渡邊晋(3、下浜)、[二]酒井和也(2、秋田西)、[三]伊藤貴之(3、勝平)、[遊]藤垣和孝(3、土崎)、[左]中村紳(3、山王)、[中]成田康輝(3、山王)、[右]加藤俊介(2、秋田南)、森川塁(3、城南)、三浦和真(2、秋田東)、佐賀泰史(3、豊岩)、吉田統(3、飯島)、齋藤貴志(2、秋田西)、土井敬(2、飯島)、佐川寿哉(3、泉)、嵯峨誠(2、下浜)、仙葉幹仁(3、勝平)、[部]田村元伸、[監]鎌田勝、[記] 佐々木幸志(3、飯島)。

秋田県内野球場紹介 秋田県仙北郡美郷町 美郷南野球場(百目木野球場) 。

misatominami

2014(平成26年度) 東北写真記者協会新聞スポーツ部門金賞 佐々木直人記者。

akitakita2014(平成26年度)東北写真記者協会新聞スポーツ部門金賞受賞 「白球 飛び付く」 (平成26年7月31日付週刊さきがけスポーツ) 秋田魁新報社 佐々木直人記者。<平成26年度 第80回記念秋田県少年野球大会 秋田3区代表 秋田市立 秋田北中学校 登録選手> [投]中川悠馬(3、下新城)、[捕]松田将紀(3、下新城)、[一]○加藤晟(3、金足西)、[二]大渕倫太朗(3、金足西)、[三]工藤憲人(3、金足西)、[遊]宇佐美政弥(3、下新城)、[左]伊藤洋輔(3、金足西)、[中]伊藤猛(3、金足西)、[右]高橋克典(3、花輪)、伊藤圭祐(3、飯島)、伊藤大地(3、金足西)、伊藤史菜(3、飯島)、安養寺航希(3、下新城)、佐々木幸哉(3、金足西)、小玉聖真(3、飯島)、大澤静也(2、金足西)、安田圭佑(2、金足西)、加賀谷千太(2、金足西)、伊藤圭吾(2、飯島)、保坂剛(2、飯島)、[部]大渕牧人、[監]三浦直樹、[コ]畠山正人、[記]安田一就(2)。

平成24年熱球通信期待選手 JR東日本 金卓史投手(右右、八戸大-秋田中央)。

kon平成26年度限りで社会人野球勇退(東京支社営業部業務課異動)。【2011.12.07】社会人野球2011(平成23年度) 関東連盟 「優秀投手賞」 受賞。【2011.12.1】金卓史投手(24、右右、181/78、JR東日本-八戸大-秋田中央-雄和) 、2011(平成23年)都市対抗優勝に貢献。秋田県少年野球大会優勝投手。<平成14年夏 雄和中学校 登録選手> (部)國安裕、(監)菅原吉伸、(記)永澤慶大、(投)金卓史、(捕)佐藤瑛彦、(一)池田勇人、(二)池田圭佑、(三)佐藤農、(遊)○珍田真樹、(左)伊藤慎一、(中)長谷川恵太、(右)佐藤雄大、(投)佐藤雄太、(内)長谷川公彦、(捕)高橋勇人、(内)佐藤一平、(外)佐藤広大、(外)金雄矢、(外)伊藤十夢、(内)鎌田裕輔、(外)菅原達也、(投)小白川宮貴、(外)浅野潤也。<平成17年夏 秋田中央高校 登録選手> (部)高橋学、(監)塚田博、投:金卓史(3、雄和)、捕:関健太(3、河辺)、一:加藤嵩志(3、飯島)、二:太田原晃(2、勝平)、三:伊藤憲人(3、飯島)、遊:渡辺龍馬(2、将軍野)、左:加賀力哉(3、男鹿南)、中:佐藤雄大(3、雄和)、右:○杉沼哲平(3、土崎)、鷲谷啓介(3、岩城)、佐々木量平(2、泉)、船木駿(2、御野場)、小沢俊介(2、泉)、鈴木龍宏(3、外旭川)、嵯峨悠也(3、勝平)、杉沼慶(1、土崎)、相馬一輝(2、将軍野)、佐々木将也(3、外旭川)、森合慎一郎(3、太平)、鎌田哲(1、大正寺)、佐々木匠平(3、将軍野)。

秋田県出身プロ野球選手 山田久志投手(能代高校)、落合満内野選手(秋田工高)。

オリックスドラフト1位山崎福也投手(22、明治大-日大三)山田久志氏の「17」継承
yamadaotiai

<秋田県高校野球ライバル物語> 高校時代は無名の両選手(上) 山田久志-落合博満。

raibaru山田、落合選手共にプロ野球中日監督歴任。プロ野球史に残る大選手も高校時代は無名選手 山田久志(能代-能代二)-落合博満(秋田工-潟西)。秋田県出身のプロ野球選手で投打の代表格と言えばこの2人であろう。落合は山田より5歳年下で高校時代の対戦はないが、2人とも目立った活躍は残していない。山田は高校2年夏の大会、三塁手として出場も彼のサヨナラエラーで金足農に敗れている。その後、失意のうちに退部し、何とか復帰した後は下手投げ投手に転向したが、甲子園とは縁がなかった。高校時代のエピソードとして3年の時にコーチに注意されたが、向こう気の強い彼はバットで殴り返そうとする。が、そのバットがカラ振りしたと本人が述懐している。球界の紳士と評された彼も高校時代は血の気の多い選手だった。頭角を現したのは富士鉄釜石に入社してからで、都市対抗での活躍がプロのスカウトの目に止まり阪急のにドラフト1位で入団。サブマリン投手最高の284勝は立派。(敬称略)※平成10年1月「熱球通信」からの再掲。

<秋田県高校野球ライバル物語> 高校時代は無名の両選手(中) 山田久志-落合博満。

raibaruプロ野球史に残る大選手も高校時代は無名選手 山田久志(能代-能代二)-落合博満(秋田工-潟西)。一方の落合の高校時代も変っている。中学時代はエースで4番でその素質に多くの高校から誘いがあったが、本人は当時あまり練習の厳しくないと言われた秋田工に進学している。練習にほとんど出なかったがその天才的な野球センスで試合ではよく打った。3年間野球部に在籍したものの練習にも試合にもほとんど出なかったのが真実らしい。落合のグランドは主に秋田市有楽町の映画館だった。練習に出ず好きな映画をよく観たと本人も述べている。高校卒業後は東洋大に進むが早々に中退し、秋田に戻ってプロボウラーを目指した。しかし交通違反で反則キップを切られプロ受験の費用がパーになったためプロを断念。もしもこの時キップが切られていなかったら現在の落合はなかったかもしれない。秋田工時代の安杖野球部長の紹介で社会人東芝府中に入社。ここで落合の素質が一気に開花した。全日本の3番打者として活躍し、ロッテにドラフト3位で入団。その後の活躍は周知の通りである。山田、落合とも高校時代は全く無名の球児だった。(敬称略)※平成10年1月発行「熱球通信」からの再掲。
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
月別アーカイブ