★ 備忘録 「熱球通信」 ・ 特定非営利活動法人秋田県野球フォーラム ★

熱球通信は、秋田県野球フォーラム会員有志による備忘録を兼ねた「秋田県野球」にこだわった私的ブログで、記録等については公式なものではありません。リンク等オールフリーですので事前のメール等一切不要です。、更新頻度は原則毎日ですが、秋田県出身で県外に在住の方も念頭に更新していますので、内容等一部については地元情報より遅れる場合があります。練習試合の結果情報は原則掲載しません。また、コメント送信欄と掲示板については諸般の事情により対応していません。中学硬式野球・女子野球の紹介に努めています。

2011年09月

<新聞報道>能代商 保坂祐樹投手→中央大(準硬式)、山田一貴主将→JR秋田。

hosaka平成23年夏甲子園大会出場能代商山田一貴主将(能代南)が社会人野球JR秋田入社へ。報道によると甲子園大会終了後に入社試験を受け、この度内定を受けたもの。大曲工橋本翼投手(桧木内、171/68)もJR秋田。
【2011.9.16】平成23年夏甲子園出場の能代商保坂祐樹投手(能代二)が工藤明監督(36)の母校である中央大(準硬式)に進学。中央大準硬式野球部は東都1部所属で、今年夏の全日本大学準硬式野球選手権で2年ぶりに9度目の優勝。http://www.geocities.jp/jcrsy535/ 「熱闘甲子園2011」のパッケージは保坂投手のイメージ(?)。

2008(平成20年) 能代・山本地区主要中学登録選手 → 能代商進学選手一覧(確認分)。

nosiroyamamoto

平成23年 秋季東北地区高校野球秋田県大会(18、9/23~27、こまち・八橋・よこて)。

各地区からの県大会出場枠は、春季大会の県北5・中央7・県南7から、県南の雄勝高校が部員不足で秋季地区大会出場を辞退したことにより1校減となり、県北5・中央7・県南6の計18校。決定方法は、中央と県南はトーナメント本戦から4校と敗者復活代表決定トーナメントから3校と2校、県北はトーナメント本戦から2校と敗者復活代表決定トーナメントから3校。東北大会には上位3校が出場。

23akiakita

平成23年 秋季東北地区高校野球宮城県大会(24、9/17~)組み合わせ。

23akimiyagi

平成23年 秋季東北地区高校野球山形県大会(19、9/17~)組み合わせ。

23akiyamagata

平成23年 秋季東北地区高校野球岩手県大会(28、9/23~)組み合わせ。

23akiiwate

平成23年 秋季東北地区高校野球福島県大会(29、9/17~)組み合わせ。

23akifukusima

平成23年 秋季東北地区高校野球青森県大会(22、9/17~)組み合わせ。

23akiaomori

日本野球機構(NPB)、「2011(平成23年)プロ野球ドラフト会議」 開催要項発表。

平成23年9月26日、日本野球機構(NPB)は今年のドラフト会議開催要項を発表。・今年は10月27日午後5時~(グランドプリンスホテル新高輪国際館)・TBS、スカイA、ニッポン放送が中継(予定)・昨年に引き続き希望するファンを招待(応募申込 9/27~10/9).。http://www.npb.or.jp/draft/

平成8年 秋季東北地区高校野球秋田県大会優勝校 能代市立能代商ベンチ登録選手。

                     平成8年当時は漢字表記のユニフォーム。
H8nosirosho

平成23年 秋季東北地区高校野球秋田県大会 → 9/27(火) 第3代表決定戦+決勝(こまち)。

2[秋田県高野連] http://www.akita-koyaren.com/05/23_aki_zenken.pdf
[経過結果速報] http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20110927sa
[東北大会抽選] 9月30日(金) 於:秋田市

[決勝] 能代商-秋田工 [第3代表決定戦] 秋田中央-大曲

[9/23本塁打]船木悠人(2、明桜-太平、よこて)
[9/24本塁打]平川賢也(2、能代商-二ツ井、こまち)
能代商野球部3年生もユニフォーム姿で応援スタンドに。

平成23年9月27日 秋季高校野球秋田県大会 3位決定戦、決勝戦 先発メンバー。

27

血は争えない?県内兄弟親子選手②、+平成23年秋季高校野球大会の親子鷹。

平成23年秋季高校野球大会の親子鷹、大曲 照井正喜監督と平良選手(1、大曲南)、秋田修英 鈴木寿監督と公大選手(1、桜)
【2009.9.1】血は争えない?県内兄弟親子選手②。熱球通信平成11年4月号よりの再掲。[敬称略]
児玉将志(五城目一中)は平成7年金足農甲子園ベスト8のサード。弟和也は前秋田工ラグビー部主将で高校日本代表で地元球児。昨年全県少年野球優勝投手東北目黒達也(男鹿中)の兄健太も中学時代野球部(一塁)で秋田工ラグビー部から明治大進学。昭和49年秋田市立、石崎投手を擁しての甲子園出場時の7番一塁野口準一郎(土崎中)は祖父、父に続く甲子園球児。昭和48年秋田の山谷勝志(協和中)の父は秋田商赤根谷飛雄太郎のライバルと言われ法政大でも活躍した元秋田監督の山谷喜志夫。昭和59年金足農ベスト4のエース水沢博文(秋田北中)の父も金足農のエース。同じ金足農で親子二代4番を打ったのが阿部正伸吾(五城目一)。秋田商で左の強打者だった中島義明(飯島)の父は中島義博で秋田市立甲子園ベスト8の立役者で本塁打も放った。合川の桜田義信監督と雄大投手(合川中)、親子監督の佐々信雄はどちらも日体大の卒?。秋田小野巧監督と康太(泉)、他でも元日本ハム工藤幹夫選手親子等々サラブレッド同様血の成せる業か。今回は思いつくままの列挙ですので、漏れのある場合はご容赦を。※最近では経法大付で選手、監督として甲子園出場した鈴木寿と秋田商

平成23年秋季高校野球東北大会を控え、秋田市(穂積志市長)の球場施設管理能力に?。

scoreboard9月25日の「秋田県高野連告知」。度重なる秋田市営八橋球場スコアボードの故障。先日の秋季秋田市中学校野球大会でもスコアボードが故障していたと記憶。その前にもスコアボード故障の前歴度々あり。平成23年秋季高校野球東北大会を目前に控え、問われる秋田市(穂積志市長、秋田市教育委員会スポーツ振興課)の球場施設管理能力。結果、好試合に水を差した側面避けられず。[準々決勝、能代商-秋田商]秋田商主戦近藤卓也投手(2、琴丘)試合終盤右腕に死球で投→右、能代商畠山慎平投手(2、主将、能代南)数度のサヨナラピンチに耐えて延長13回完投の粘投、トップ平川賢也捕手(2、二ツ井)甲子園でも見せた勝負強いバッティングでチーム勝利に貢献。途中出場秋田商大関匠太二塁手(2、鷹巣)故障復帰で全県春中学優勝チーム主将時の攻守に冴え。秋田商サヨナラ機に1本出ず。秋田商バントで走者送れず、秋田商外野陣打球が太陽に入ったためか落球数度。秋田商杉谷汰一外野手(1、能代二)悩んで本来のバッティング出来ず、来春の捲土重来に期待。能代商岳田諒平二塁手(2、山本)夏の一塁から二塁にコンバート、61kgとスリムながら遊撃もこなす攻守の万能選手。能代商俊足塚本健太外野手(2、能代一)途中出場ながらいぶし銀の活躍、途中交代公称181cm115kg山打大樹一塁手(1、東雲)当たると飛距離バツグンで観ていて楽しい久々の長距離打者。秋田商和田光平一塁手(2、城東)来年は中軸を期待したい181cm82kg左大型選手。能代商下位打線、県大会通じて好調維持。

平成23年 秋季中学新人戦(本荘由利地区、14、軟式野球)、優勝 由利、準優勝 東由利。

23akiyurihonjo
[決勝]由利8-1東由利

[準決勝]由利3-1本荘南、東由利3-2象潟
[2回戦]由利3-2大内、東由利8-2金浦
[2回戦]象潟10-6岩城、本荘南6-0西目
[1回戦]金浦7-3本荘東、象潟2-1仁賀保
[1回戦]岩城2-1鳥海、本荘南1-0出羽
[1回戦]西目3-2矢島、大内1-0本荘北

平成23年 第62回秋田県社会人野球秋季大会(9/23~、サンスポーツランド協和)。

      社会人野球の今年の大曲ベースボールクラブの躍進には、驚かされました。今季から入部した
      田口投手・去年高校野球を盛り上げた西仙北高校卒の深浦君。特に深浦君の活躍は新聞等、
      目にすることが多かったです。来年も期待します。【2011佐藤】
23akishakaizin

平成23年秋季京滋大学野球、大谷大-京都教育大2回戦が没収試合に。

平成23年9月25日の京滋大学野球リーグ、大谷大-京都教育大2回戦(京都学園大G)で、京都教育大の選手が登録と違う背番号で出場したため没収試合に。規定で大谷大の勝利(9-0)。京都教育大が9-7とリードの八回に代走を送った際に大谷大側から背番号の違いを指摘されたもの。

平成23年9月25日(日) 秋季高校野球秋田県大会準々決勝先発メンバー。

25

平成23年 秋季中学新人戦(大館北秋田地区、軟式野球)、優勝 鷹巣、準優勝 比内。

23akioodatekitaakitachuugaku

平成23年 長澤正夫ミズノトーナメント第9回東北選抜軟式野球大会(9/23~、能代球場他)。

23nagasawamasao

平成23年 秋季中学新人戦(潟上・南秋田地区、軟式野球)、優勝 羽城、準優勝 天王。

23akikatakami
第3回県中学軟式野球男鹿・潟上南秋地区代表決定戦
羽城5-1男鹿東

[決勝]羽城5-3天王
[準決勝]羽城4-0井川、天王2-0天王南
[1回戦]羽城3-2八郎潟、天王2-0大潟
[1回戦]天王南2-1五城目一

平成23年 秋季中学新人戦(山本地区、6、軟式野球)、優勝 八竜、準優勝 藤里。

23akiyamamoto
[決勝]八竜6-2藤里
[準決勝]八竜5-2八森、藤里7-3山本
[1回戦]山本1-0峰浜、八森6-1琴丘

平成23年 秋季中学新人戦(能代地区、7、軟式野球)、優勝 能代東、準優勝 能代一。

23akichuugakunosiro
[決勝]能代東7-2能代一

[準決勝]能代東6-1東雲、能代一2-0能代二
[1回戦]能代東2-0能代南、能代一2-1二ツ井
[1回戦]東雲9-1常盤

平成23年度 秋季東北地区高等学校野球秋田県大会登録選手<1>。

             個人情報の扱いは「選手個人名の取り扱い」に拠っています。
             携帯では判読不能になります。
             訂正要の場合は速やかに対応します。 jstaff@cna.ne.jp  FAX 018-829-0973
23akizenken1

平成23年度 秋季東北地区高等学校野球秋田県大会登録選手<2>。

             個人情報の扱いは「選手個人名の取り扱い」に拠っています。
             携帯では判読不能になります。
             訂正要の場合は速やかに対応します。 jstaff@cna.ne.jp  FAX 018-829-0973
23akizennken2

平成23年 文部科学大臣杯第2回全日本少年春季軟式野球大会(33、9/22~、静岡県)。

         ・ 大曲仙北ク ● 0-2 ○ 知念中  杉山、小笠原-三浦
         ・ 今年3月開催予定が東日本大震災の影響により順延されていた大会。
         ・ トーナメント表は正式なものとは異なります、出場33チーム。
         ・ 東海大翔洋中は東海大相模前主将佐藤大貢選手の出身中。
         ・ http://www.jsbb.or.jp/game2011/j-h-school-sp/index.php

23chuugakukurabu

平成23年9月23日(祝) 秋季高校野球秋田県大会先発メンバー。

23

平成23年 第9回JA共済学童野球秋田県大会(9/17~、県営他) 優勝 旭川、準優勝 雄物川。

23JAgakudou

福島県立光南高校野球部の監督と選手が平成23年秋季高校野球福島県大会を欠場。

平成23年第63回秋季高校野球福島県大会に出場中の光南高校野球部(県、平成18年夏甲子園出場)の選手2人が大会前の9月12日朝に学校内で喫煙し、それを発見した菅波智之監督が選手のほおを平手打ちしていたことが分かった。監督と選手2人は19日の2回戦(対県立磐城桜が丘高戦)を欠場した。試合は、野球部長が指揮を執り7回コールドで勝利。学校側では「高野連の判断を待ちたい」としている。

平成23年 第9回東北学童軟式野球新人秋田県大会(9/17~)、優勝 角館、準優勝 二ツ井。

23tohokugakudou

平成23年 秋季中学新人戦(大曲仙北地区、20、軟式野球)、優勝 千畑、準優勝 角館。

23akioomagarisennboku


[決勝] 千畑1-0角館

[準決勝] 千畑3-2大曲南、角館3-2西仙北西

[準々決勝] 千畑2-1仙北、大曲南2-1協和
[準々決勝]西仙北西2-0太田、角館1-0仙南

[2回戦] 仙南1-0南外、角館4-1平和
[2回戦] 太田4-2西仙北東、仙北2-1西明寺
[2回戦] 西仙北西3-2桧木内、千畑2-1神代
[2回戦] 大曲南2-0大曲、協和2-1大曲西

[1回戦] 南外3-1六郷、西仙北西5-2豊成
[1回戦] 仙北5-1中仙、大曲西1-0生保内

東京六大学野球、カウント4ボールから打って、セカンドゴロでアウトの珍プレー。

平成23年9月18日の東京六大学野球 立教大対東京大戦でのプレー。6回二死の場面、東京大高山久成選手(4、宮崎西)は3ボール2ストライクからの6球目がボールとなったが、一塁に向かず、続行された7球目を打ちセカンドゴロでアウトに。高山選手談「試合後のミーティングで言われるまで気づきませんでした」、山口球審談「自分の中ではプレー続行の判断でした」「僕のミスです。今後はしっかり確認して再発防止に努めます」、立教大岡部賢也投手(3、立教新座)談「打者が動かないんで、投げとこうと思いました。ラッキーでした」。

平成23年度 秋季県南地区高等学校野球大会 上位6校登録選手。

23akikennan

平成23年度 秋季県北地区高等学校野球大会 上位5校登録選手。

23akikenboku

平成23年 秋季中学新人戦(湯沢・雄勝地区、10、軟式野球)、優勝 雄勝、準優勝 高瀬。

23akiyuzawaogati[決勝]雄勝6-0高瀬 [準決勝]雄勝6-0稲川、高瀬4-1羽後
[予選Aブロック]1.雄勝、2.高瀬、3.三輪、4.湯沢南
[予選Bブロック]1.羽後、2.東成瀬、3.湯沢北
[予選Cブロック]1.稲川、2.皆瀬、3.山田

平成23年 第7回NPB12球団ジュニアトーナメント2011(12/27~、札幌ドーム)。

平成23年 NPB12球団ジュニアトーナメント2011(12/27~、札幌ドーム)は、小学5、6年生によるプロ12球団ジュニアチームのNO.1決定戦で今年で7回目。http://ja.wikipedia.org/wiki/NPB12%E7%90%83%E5%9B%A3%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88

平成23年 天皇賜杯第66回全日本軟式野球大会(57チーム、9/17~、岩手県)。

  厳しいブロックに入っての1勝は評価。 
  9/18 JA全農あきた● 2-9 ○静岡ガス 渡部、松村、田中-伊藤
  9/17 JA全農あきた○ 5-4 ●佐久総合病院 (延長10回逆転サヨナラ) 渡部、田中-伊藤
  http://www.jsbb.or.jp/game2011/tenno-shihai/game/index.php

23tennouhai


私立出雲北陵高校(島根)、平成23年秋季島根県大会への出場を辞退。

平成23年9月17日、秋季高校野球島根県大会2日目第1試合(江津市民球場)で石見智翠館(私、2009年4月に江の川から改称)と対戦予定だった出雲北陵 http://izumohokuryo-h.ed.jp/ が出場を辞退、石見智翠館の不戦勝に。出雲北陵は平成23年5月に部員間暴力により、日本高野連から2カ月の対外試合禁止処分を受け、その後、夏の県大会には出場していた。

平成23年 秋季中学新人戦(男鹿市、軟式野球、9/17)、優勝 男鹿東 準優勝 潟西。

23akiogasisinzin
第3回県中学軟式野球男鹿・潟上南秋地区代表決定戦
男鹿東1-5羽城

[決勝]男鹿東5-4潟西
[1回戦]男鹿東5-1男鹿南、潟西8-1男鹿北

平成23年 秋季中学新人戦(横手市、軟式野球、9/16~)組み合わせ。

23akiyokotesi
[決勝]平鹿7-0金沢

[準決勝]平鹿7-1横手南、金沢7-1大森
[2回戦]平鹿5-4横手清陵、金沢7-5山内
[2回戦]大森9-4鳳、横手南2-1十文字
[1回戦]鳳5-0増田、山内6-5大雄
[1回戦]横手清陵4-0雄物川、横手南7-0横手西

平成23年 秋季中学新人戦(鹿角地区、軟式野球)、優勝 花輪一、準優勝 花輪二。

23akisinzinkaduno

 [決勝]花輪一1-0花輪二

 [準決勝]花輪一6-1八幡平、花輪二8-1十和田
 [1回戦]花輪一4-1小阪、十和田6-1尾去沢

平成23年 秋季高校野球地区大会出場校野球部主将一覧。

[小坂]菊地海斗(小坂)、[十和田]工藤恭平(十和田)、[花輪]米村竜太(花輪一)、[大館鳳鳴]黒沢郁(十和田)、[大館工]菅原啓太(大館一)、[大館]秋本康平(大館南)、[大館国際]日景裕大(大館二)、[秋田北鷹]高橋元気(太平)、[二ツ井]藤田大貴(二ツ井)、[能代]岡本悠太(八森)、[能代工]菅原良樹(八郎潟)、[能代西]岩谷広大(山本)、[能代商]畠山慎平(能代南)

[五城目]伊藤俊将(秋田北)、[男鹿海洋]   、[金足農]佐藤悟(太田)、[秋田西]小坂尚嗣(秋田北)、[秋田]神居恵悟(下北手)、[秋田商]三浦健太郎(大曲)、[秋田中央]加藤遼(勝平)、[秋田工]佐藤駿太(秋田南)、[明桜]船木悠人(太平)、[秋田南]高橋元隆(城東)、[新屋]大友喬智(御野場)、[秋田高専]澤田石達也(土崎)、[本荘]三船裕喜(鳥海)、[由利工]三船翔大(鳥海)、[由利]畠山将太(東由利)、[西目]佐藤航(東由利)、[仁賀保]松永慶(出羽)、[矢島]佐藤凌(鳥海)

[大曲農]菅原大地(西仙北東)、[大曲]高橋昌蔵(大曲南)、[西仙北]堀井皓太(河辺)、[大曲工]小松田眞福(大雄)、[秋田修英]高橋翔大(雄勝)、[大農太田]鈴木舞斗(角館)、[角館]煤賀遼太郎(太田)、[六郷]千葉敦也(西明寺)、[横手]三浦拓(大曲)、[横手清陵]遠藤大敏(雄物川)、[横手城南]高橋卓也(横手南)、[雄物川]播磨悠斗(雄物川)、[平成]柿崎大地(平鹿)、[増田]佐藤恵太郎(十文字)、[湯沢]柴田陽輔(十文字西)、[湯沢翔北]高瀬亮輔(湯沢北)、[羽後]山初俊輝(羽後)

平成24年春の第84回選抜高校野球大会(3/21~)第1回運営委員会開催。

平成24年春の第84回選抜高校野球大会の第1回運営委員会が、9月14日大阪市内で開かれ、今年同様32校が出場して平成24年3月21日から12日間、阪神甲子園球場で開催することを決定。出場校を決める選考委員会は1月27日、組み合わせ抽選会は3月15日。 出場32校のうち、特別枠は21世紀枠3校(東日本、西日本から1校ずつと地域を限定せずに1校)と神宮大会枠1校。一般選考枠28校は地区別に北海道(1)、東北(2)、関東・東京(6)、北信越(2)、東海(2)、近畿(6)、中国・四国(5)、九州(4)となっている。

平成23年9月13日,夏南北海道大会準優勝 駒大苫小牧、秋季道大会室蘭支部予選初戦敗退。

平成23年夏の南北海道大会準優勝校 駒大苫小牧が9月13日、秋季北海道大会室蘭支部予選初戦で苫小牧中央(今夏南北海道大会4強)と対戦し6安打の3-7で敗退し、来年春のセンバツ出場が絶望的に。今夏2年生主体での準優勝であったため秋季大会優勝候補の一角と目されていた。

平成23年9月11日 秋季中央地区代表決定戦 明桜-秋田西(八橋球場)。

11

東京六大学 東京大学初馬眞人投手(1、文Ⅱ、桐朋)対慶應大戦で神宮初登板好投。

平成23年9月11日(日)、東京六大学 東京大対慶應大戦で東京大2番手で1年生初馬眞人投手(1、文Ⅱ、桐朋、179/73)がリーグ戦初登板し、慶應大相手に力投。3点リードされた3回二死2、3塁の場面での登板、130km半ばの直球に変化球を交ぜて、6回1/3を1失点(自責点0)。5回には三者連続の空振り三振、7回にはプロ注目伊藤隼太選手(中京大中京)からストレートで見逃し三振。東京私立桐朋高から文武両道で現役合格、高校1年から抱いていた夢の神宮マウンドでの初登板好投は評価に値。

平成23年9月11日(日) 秋季各地区高校野球大会決勝戦 先発メンバー。

   大館鳳鳴五代儀圭輝選手(1、鷹巣)、中学時代陸上400m秋田県大会第3位(52″25)、全国大会出場経験。
11senpatu

9/11(日) 平成23年 秋季高校野球各地区大会試合結果と大会本塁打。

<9/11 県北、決勝、田代> 大館鳳鳴-能代
<9/11 県北、第5代表決定戦、田代> 大館工-二ツ井
<9/11 中央、決勝、こまち>  秋田商-秋田中央
<9/11 中央、第5.6.7代表決定戦、八橋> 明桜-秋田西、由利工由利秋田-仁賀保
<9/11 県南、決勝、よこて> 角館-大曲
<9/11 県南、第5.6代表決定戦、大曲> 大曲工-湯沢翔北、大曲農-平成

[9/11本塁打] 本山勝己(2、明桜-天王、八橋球場)、山崎歩夢(2、大曲工-大曲西、大曲球場)
[9/08本塁打] 佐藤天麻(2、角館-神代、GSよこて)
[9/05本塁打] 工藤恭平(2、十和田-十和田、能代球場)
[9/04本塁打] 小野優一郎(2、新屋-秋田北、八橋球場)、高橋和主(2、西目-鳥海、八橋球場)
[9/04本塁打] 佐藤裕太(2、横手城南-鳳、大曲球場)、岡本悠汰(2、能代-八森、田代球場)
[9/03本塁打] 山打大樹(1、能代商-東雲、能代球場)、西田拓未(2、明桜-越谷栄進、八橋球場)
[9/03本塁打] 船木悠人(2、明桜-太平、八橋球場)、伊藤瑞樹(2、増田-増田、大曲球場)
 ※代表決定T分は未確認につき、jstaff@cna.ne.jp  FAX018-829-0973 まで情報お寄せください。 

平成23年 秋季県北地区高校野球大会(13、9/3~、田代・能代)組み合わせ。

                  県北地区代表決定T(敗者復活T)はやや後味の悪い結果に。

23akikenboku



平成23年 秋季中央地区高校野球大会(19、9/3~、こまち・八橋・弁天)組み合わせ。

23akichuuoutiku

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
月別アーカイブ